ファショコン通信

ファショコン通信はブランドやデザイナーの観点からファッションとモードを分析するファッション情報サイトです

プリングル:Pringle


プリングルのブランド情報

  • 1815年に創立したスコットランドのファッションブランド。
  • 創立者はロバート・プリングル(Robert PRINGLE)。
  • 1900年代初頭、「ロバート・プリングル&サンズ(Robert Pringle & Sons)」はニット製アウターウェア生産を手掛ける初の企業の1つとなる。
  • 1920年、数色の菱形で構成された格子模様の一種である「アーガイル」を考案。ウィンザー公に愛用される。
  • 1933年、既存のナチュラルウール製品に加え、カシミアアイテムの展開を開始。
  • 1943年、エリザベス女王より英国王室御用達認定証(ロイヤル・ワラント)を授与される。
  • 1956年、エリザベスII世より英国王室御用達認定証(ロイヤル・ワラント)を授与される。
  • 1981年、プロゴルファーであるニック・ファルド(Nick FALDO)と契約。
  • 2002年、スチュワート・ストックデール(Stuart STOCKDALE)がデザイナーに就任。
  • 2005年より、イギリスでホームコレクションを先行販売し、2006年春以降、アジアやアメリカ等にも販売を拡大。
  • 2006 S/S を最後に、スチュワート・ストックデールがデザイナーを辞任。
  • 2006-2007 A/W より、新たにクリエイティヴ・ディレクターのポストを設け、クレア・ウェイト・ケラー(Clare Waight KELLER)が就任。
  • クレア・ウェイト・ケラーはイギリスに生まれ、セントラル・セントマーチンズ・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザインとロイヤル・カレッジ・オブ・アートを卒業後、カルバン・クライン(Calvin Klein)に4年間勤務。また、ラルフ・ローレン パープル・レーベル(Ralph Lauren Purple Label)のメンズウェアのデザインディレクター、グッチ(GUCCI)のシニア・デザイナーも勤めた。プリングルでは、レディースウェア、メンズウェア、アクセサリーの各コレクションと、ショップデザインやメディア等、ブランドのクリエイティヴ面の全てを統括する。
  • 2006-2007 より、シモーナ・キアッチ(Simona CIACCHI)がアクセサリー・チーフデザイナーに就任。
  • シモーナ・キアッチはトッズ、ジョルジオ・アルマーニ、マーク・ジェイコブス、グッチ等で経験を積んだ。
  • 2006-2007 A/W を最後に、66年7月23日設立の株式会社サン・フレール(SANN FRERES CO., LTD.)との契約を解消。
  • 2006年、日本国内の輸入卸としてピーエムディー・ジャパンを設立。親会社はプリングルの世界展開を進めるトッピーインターナショナルであり、国際的なラグジュアリーブランドの新たなディストリビューションが設立目的。
  • 2009年9月、デビッド・シュグリーとコラボレートし、Tシャツを発表。
  • 2010-2011 A/W には、初のミラノ・メンズコレクションを発表。
  • 2013 S/S より、1943年5月設立の株式会社三陽商会(SANYO SHOKAI Ltd.)と提携し、レディース及びメンズの新ブランドである「プリングル 1815(PRINGLE 1815)」のライセンス製造・販売をスタート。ブランドコンセプトは「MAKE THE NEW STANDARD(未来のスタンダードをつくる)」。プリングル オブ スコットランドのブランドアイデンティティを継承しつつ、よりコンテンポラリーなアイテムを展開。「TRADITIONAL X CONTEMPORARY(伝統と新しさ)」、「FINE QUALITY(上質感)」、「REFINED(上品さ)」を理念に、ウェアから雑貨までトータルに提案。ブランドロゴは、ライオンが2本の後ろ足で立ち上がった姿である「ランパント」のモチーフ。左向きの赤いランパントライオンは、スコットランド王室の紋章として使用されてきた由緒あるモチーフ。
  • 2010年、コスタス・ムルクディス(KOSTAS MURKUDIS)とコラボレートし、プリングルのブランド創立195周年を記念したカシミアのカプセルコレクションを展開。
  • 2013年のプレフォールと 2013-2014 A/W には、コスタス・ムルクディス(KOSTAS MURKUDIS)がレディースコレクションコンサルティングを手掛ける。
  • 2015年4月10日から8月16日まで、ブランド創立200周年を記念し、エディンバラのスコットランド国立博物館で、大規模な展覧会である「フリー・ファッションド」展を開催。
  • 2016 S/S を最後に、PRINGLE 1815のレディースラインを休止。

プリングルの公式サイト

プリングルの公式SNS


https://twitter.com/PRINGLE1815_PR
http://blog.pringlescotland.com/
https://www.facebook.com/290391964413013

https://www.instagram.com/pringlescotland

プリングルの取扱サイト

プリングルの商品を検索

日本国内の大手オンラインショッピングモール

日本国内の大手ファッション通販サイト

日本配送対応のアメリカ大手オンラインショッピングモール

日本配送対応のヨーロッパ大手ファッション通販サイト

日本配送対応のイギリス大手ファッション通販サイト

日本配送対応の北アメリカ大手ファッション通販サイト

個人輸入・海外通販のやり方・方法

日本への配送に対応している海外のショッピングサイトを利用した、個人輸入・海外通販のやり方・方法については、下記のページで詳しく解説しています。

個人輸入や海外通販のやり方を画像付きで詳しく解説!

200以上の国内・海外通販サイトを一括検索

「プリングル」を200以上の国内外の通販サイトで一括して検索する

クチコミを投稿する(クチコミ以外は全て任意項目です)