ファショコン通信

ファショコン通信はブランドやデザイナーの観点からファッションとモードを分析するファッション情報サイトです

エルメス(HERMES)

エルメスのブランド情報

  • 1837年に創立したフランスのファッションブランド。
  • 創立者はティエリ・エルメス。ティエリ・エルメスがパリのランパール通りに高級馬具の製造工房を開業。後にエルメスはナポレオンIII世帝室御用達を授与される。
  • 1879年、2代目のエミール・シャルル・エルメスがブティックを現在のフォーブル・サントノーレ24番地に移転。この頃、第2回パリ万博の馬具部門でエルメスがグランプリを受賞。
  • 1892年、バッグ「オータクロア」を発売。
  • 3代目エミール・モーリス・エルメスはヨーロッパの王侯貴族を顧客に獲得した後、サンクト・ペテルブルグまで出向いてロシア皇帝へ馬具の売り込みに成功。世界を相手にする馬具商としての地位を確立。また、アメリカでフォード社が車の大量生産を始めると、自動車時代の到来を予見。
  • 1923年、馬具以外に婦人バッグや財布・革小物の製造・販売を開始し、転換期を迎える。


    エルメス(HERMES)の「ケリー」(ブラック)

  • 1935年、「サック・ア・ロア」という、「オータクロア」のハンドバッグタイプを発表。グレース・ケリーが妊娠を隠すために、サック・ア・ロアでお腹を抑えた写真が撮影され、それ以来、サック・ア・ロアは「ケリーバッグ」と呼ばれるようになった。
  • 1937年、第一号のスカーフを発表。
  • 1938年、シルバーとパラディウムのカンヌキ(verrou)が施されたクラッチバッグである「ヴェルー(Verrou)」を発表。アンディ・ウォーホルがパリの蚤の市で購入し、The Silver Factoryのウルトラヴァイオレットに贈ったバッグにインスパイアされたモデル。
  • 1945年より、「四輪馬車と従者」の商標が使われ出す。
  • その後、「ミニケリー」、「ミニミニケリー」等、底辺が28cm、32cm、35cm、40cm、と全4種類のケリーが作られることとなる。その他、時計やアクセサリー、香水等にも進出。特にマクロ社によるプリントのスカーフとケリー等のバッグにより、エルメスの不動の地位を築き上げる。エルメスにレザーを供給する名門タンナーであるデュプイ社が取り扱うカーフの中でも、特に高品質なものを用いたエルメスのレザーグッズは、他に類を見ないエレガンスが演出されたラグジュアリーなアイテムである。
  • 1976年、ジョン・ロブ(JOHN LOBB)の技術の高さに惚れ込んだエルメスが、ジョン・ロブのパリ支店を職人共々エルメス本店内に迎え入れる。
  • 1981年から1989年まで、エリック・ベルジェール(Eric BERGERE)がレディース プレタポルテ のチーフデザイナーを担当。


    エルメス(HERMES)の「バーキン」(ブラック)

  • 1984年、女優ジェーン・バーキンのリクエストを加え、オータクロアの縦横比を変えて誕生したのが「バーキン」である。
  • 1988年、メンズ部門のアーティスティック・ディレクターにヴェロニク・ニシャニアン(Veronique NICHANIAN)が就任。
  • 1990年より、ピエール・アルディ(Pierre HARDY)がエルメスのメンズとレディースのシューズのデザインを手掛けた。
  • 1998-1999 A/W から 2004 S/S まで、マルタン・マルジェラ(Martin MARGIELA)がレディースプレタポルテのデザインを担当。レザー、スエード、カシミヤなど高級素材を使用して高級感を保ちつつ、シンプルでゆったりとしたシルエットで厳かなエレガンスを演出した。
  • 2001年より、ピエール・アルディがエルメスのビジューのデザインを手掛けた。
  • 2002年夏、1970年代に非売品として作った機種のデザインを踏襲した時計「パプリカ」を発売。
  • 2003年、バリ・バレ(Bali BARRET)がエルメスのシルク部門の クリエイティヴ・ディレクター に就任。
  • 2004-2005 A/W からジャン・ポール・ゴルチエ(Jean-Paul GAULTIER)がレディースプレタポルテのアーティスティック・ディレクターを務める。
  • 2007年、グローブトロッター(GLOBE-TROTTER)とコラボレートし、「フォーブル・エクスプレス」を発表。
  • 2007年9月、東京・六本木のミッドタウン内ザ・リッツ・カールトン東京に世界最小店舗「エルメス檜町公園店」をオープン。動転は基本的に予約制で、総合的なコンシェルジュ機能を持つ新しいタイプのショップである。総売場面積は約40平方メートル。
  • 2008年、ヘリコプターメーカーのユーロコプターとコラボレートし、同社の「EC135」をベースとした「ヘリコプター・パー・エルメス」を発表。エルメスは内外装のデザインに参加した。デザイナーは G.ペリツィーニ。
  • 2008年、ブガッティ(BUGATTI)とコラボレートし、「ブガッティ・ヴェイロン(Bugatti Veyron)」のエルメス仕様である「Bugatti Veyron Fbg par Hermes」を発表。内外装のデザインを手掛けたのは G.ペリツィーニ。外観は無数の「H」ロゴをあしらった専用グリルや外周にステッチを模したデザインの専用ホイールを使用し、内張りはもちろんフロントのトランク内もレザーを用い、レザーの縫製はエルメスの工房で職人の手により行われている。販売価格は2億7800万円。
  • 2008-2009 A/W には、ヨウジヤマモト(Yohji Yamamoto)とコラボレートしたショルダーバッグを発表。同バッグは「ヨウジ(Yohji)」というモデルで発売される予定。
  • 2009年、台北に旗艦店をオープン。総売場面積は約390平方メートル。
  • 2009年9月、リバティ(LIBERTY)とコラボレートし、スカーフとネクタイの限定コレクションである「エルメス・プール・リバティ」を発表。エルメスのシルク部門の クリエイティヴ・ディレクター であるバリ・バレのデザインによるスカーフ等を展開。
  • 2010年11月19日、パリ6区のセーブル通りにパリ3店舗目をオープン。総売場面積は約1400平方メートル。
  • 2011 S/S を最後に、ジャン・ポール・ゴルチエがレディースプレタポルテのアーティスティック・ディレクターを退任。


    エルメス(HERMES)の「タイニー・ケリー」(キウイ)

  • 2011 S/S より、エルメスで最も小さいサイズのシリーズである「タイニー」を発表。キュートなカラー展開が特徴のシリーズである「キャンディ(CANDY)」を発表。
  • 2011-2012 A/W より、クリストフ・ルメール(Christophe LEMAIRE)がレディースプレタポルテのアーティスティック・ディレクターを務める。
  • 2011年12月15日から2012年1月22日まで、東京・表参道ヒルズの同潤館1階に期間限定で国内初のメンズ・ブティックである「アッシュ・コム・オム(H comme Homme)」をオープン。
  • 2011年、エルメス・インターナショナルの売上高が、為替調整後前年比18.3%増の28憶4120万ユーロとなる。
  • 2012年11月7日から12月4日まで、東京・銀座の松屋銀座本店に期間限定店をオープン。非購入者に対しても行うフォトサービスやスカーフの巻き方に関するスタイリングサービスも行う。
  • 2013年2月8日より、コムデギャルソン(COMME des GARCONS)とコラボレートし、川久保玲がデザインする「カレ」の限定版である「コムデ・カレ」を展開。モノトーンとカラーの2種類があり、モノトーンはパリ・ニューヨーク・東京のコムデギャルソンで展開し、カラーはロンドン・東京のドーバーストリートマーケットで展開。
  • 2013年度のエルメス・インターナショナルの売上高は過去最高の37億5480万ユーロ(為替調整後前年比7.8%増)。
  • 2014年7月、初のバスラインである「ルバンエルメス」を発表。フレグランス「コロンエルメス」と「庭園のフレグランス」の香りのバスライン。
  • 2014年12月23日まで、東京・上野の東京国立博物館・表慶館で巡回展「レザー・フォーエバー」を開催。エルメスの170年以上に渡る歴史をレザーやアイテムの展示を通して表現。
  • 2015 S/S を最後に、クリストフ・ルメールがアーティスティック・ディレクターを退任。
  • 2015-2016 A/W より、ナデージュ・ヴァニー・シビュルスキー(Nadege Vanhee-CYBULSKI)がレディースプレタポルテのアーティスティック・ディレクターに就任。
  • ナデージュ・ヴァニー・シビュルスキーはフランスに生まれる。2003年、アントワープ王立芸術アカデミー(Academie Royale des Beaux-Arts d’Anvers / Royal Academy of Fine Arts Antwerp)を卒業。2005年から2008年までメゾン・マルタン・マルジェラ(MAISON MARTIN MARGIELA)に、2011年までセリーヌ(CELINE)、2014年3月までザ・ロウ(THE ROW)に務めた。
  • 2015年10月21日から11月10日まで、東京・新宿の伊勢丹新宿店メンズ館1階に「マニフェスト(MANifeste)」ポップアップストアをオープン。ウェアを始め、ネクタイ・バッグ・靴・マフラー・革小物等のエルメス・メンズユニバースを幅広く展開。
  • 2015年11月、東京・新宿の伊勢丹新宿店本館1階の「Apple Watch at Isetan Shinjuku」で、エルメスの職人による手作りのレザーストラップとAppleのデザイナーが一から創造し直したエルメスの文字盤を組み合わせた「Apple Watch Hermes」を展開。
  • 2016年7月、エルメス・インターナショナルがピエール・アルディに資本参加したと発表。
  • フランスの名門タンナーが展開するレザーの中でも特に品質が良い物をエルメスが使用しているとされ、他のラグジュアリーブランドと比較しても、レザーの品質においてファッション業界では別格の扱いを受けるのがエルメスである。

エルメスの公式サイト

  • HERMES – エルメス公式サイト: http://www.maisonhermes.jp/
  • Hermes.com: http://www.hermes.com/
  • Hermes – YouTube: https://www.youtube.com/hermes

エルメスの公式SNS

The men's winter 2023 collection is characterised by tang of oxymoron, sweet and sharp, for walking men. They feel at liberty to strike up playful conversations between pieces, to combine them, to juxtapose lengths, to alternate volumes: wardrobe essentials shaken up, their always-precise construction daring novel proportions. #HermesHomme h.fr/MenWinterCollection2023
(2023/01/23 09:51:00) [Hermès]
The men's winter 2023 collection is characterised by tang of oxymoron, sweet and sharp, for walking men. They feel at liberty to strike up playful conversations between pieces, to combine them, to juxtapose lengths, to alternate volumes: wardrobe essentials shaken up, their always-precise construction daring novel proportions. #HermesHomme h.fr/MenWinterCollection2023
(2023/01/23 09:50:00) [Hermès]
The men's winter 2023 collection is characterised by tang of oxymoron, sweet and sharp, for walking men. They feel at liberty to strike up playful conversations between pieces, to combine them, to juxtapose lengths, to alternate volumes: wardrobe essentials shaken up, their always-precise construction daring novel proportions. #HermesHomme h.fr/MenWinterCollection2023
(2023/01/23 09:50:00) [Hermès]
The men's winter 2023 collection is characterised by tang of oxymoron, sweet and sharp, for walking men. They feel at liberty to strike up playful conversations between pieces, to combine them, to juxtapose lengths, to alternate volumes: wardrobe essentials shaken up, their always-precise construction daring novel proportions. #HermesHomme h.fr/MenWinterCollection2023
(2023/01/23 09:49:00) [Hermès]
The men's winter 2023 collection is characterised by tang of oxymoron, sweet and sharp, for walking men. They feel at liberty to strike up playful conversations between pieces, to combine them, to juxtapose lengths, to alternate volumes: wardrobe essentials shaken up, their always-precise construction daring novel proportions. #HermesHomme h.fr/MenWinterCollection2023
(2023/01/23 09:49:00) [Hermès]
The men's winter 2023 collection is characterised by tang of oxymoron, sweet and sharp, for walking men. They feel at liberty to strike up playful conversations between pieces, to combine them, to juxtapose lengths, to alternate volumes: wardrobe essentials shaken up, their always-precise construction daring novel proportions. #HermesHomme h.fr/MenWinterCollection2023
(2023/01/23 09:48:00) [Hermès]
The men's winter 2023 collection is characterised by tang of oxymoron, sweet and sharp, for walking men. They feel at liberty to strike up playful conversations between pieces, to combine them, to juxtapose lengths, to alternate volumes: wardrobe essentials shaken up, their always-precise construction daring novel proportions. #HermesHomme h.fr/MenWinterCollection2023
(2023/01/23 09:48:00) [Hermès]
The men's winter 2023 collection is characterised by tang of oxymoron, sweet and sharp, for walking men. They feel at liberty to strike up playful conversations between pieces, to combine them, to juxtapose lengths, to alternate volumes: wardrobe essentials shaken up, their always-precise construction daring novel proportions. #HermesHomme h.fr/MenWinterCollection2023
(2023/01/23 09:43:00) [Hermès]
The men's winter 2023 collection is characterised by tang of oxymoron, sweet and sharp, for walking men. They feel at liberty to strike up playful conversations between pieces, to combine them, to juxtapose lengths, to alternate volumes: wardrobe essentials shaken up, their always-precise construction daring novel proportions. #HermesHomme h.fr/MenWinterCollection2023
(2023/01/23 09:42:00) [Hermès]
The men's winter 2023 collection is characterised by tang of oxymoron, sweet and sharp, for walking men. They feel at liberty to strike up playful conversations between pieces, to combine them, to juxtapose lengths, to alternate volumes: wardrobe essentials shaken up, their always-precise construction daring novel proportions. #HermesHomme h.fr/MenWinterCollection2023
(2023/01/23 09:42:00) [Hermès]
The men's winter 2023 collection is characterised by tang of oxymoron, sweet and sharp, for walking men. They feel at liberty to strike up playful conversations between pieces, to combine them, to juxtapose lengths, to alternate volumes: wardrobe essentials shaken up, their always-precise construction daring novel proportions. #HermesHomme h.fr/MenWinterCollection2023
(2023/01/23 09:41:00) [Hermès]
The men's winter 2023 collection is characterised by tang of oxymoron, sweet and sharp, for walking men. They feel at liberty to strike up playful conversations between pieces, to combine them, to juxtapose lengths, to alternate volumes: wardrobe essentials shaken up, their always-precise construction daring novel proportions. #HermesHomme h.fr/MenWinterCollection2023
(2023/01/23 09:40:00) [Hermès]
The men's winter 2023 collection is characterised by tang of oxymoron, sweet and sharp, for walking men. They feel at liberty to strike up playful conversations between pieces, to combine them, to juxtapose lengths, to alternate volumes: wardrobe essentials shaken up, their always-precise construction daring novel proportions. #HermesHomme h.fr/MenWinterCollection2023
(2023/01/23 09:39:00) [Hermès]
The men's winter 2023 collection is characterised by tang of oxymoron, sweet and sharp, for walking men. They feel at liberty to strike up playful conversations between pieces, to combine them, to juxtapose lengths, to alternate volumes: wardrobe essentials shaken up, their always-precise construction daring novel proportions. #HermesHomme h.fr/MenWinterCollection2023
(2023/01/23 09:39:00) [Hermès]
The men's winter 2023 collection is characterised by tang of oxymoron, sweet and sharp, for walking men. They feel at liberty to strike up playful conversations between pieces, to combine them, to juxtapose lengths, to alternate volumes: wardrobe essentials shaken up, their always-precise construction daring novel proportions. #HermesHomme h.fr/MenWinterCollection2023
(2023/01/23 09:38:00) [Hermès]
The men's winter 2023 collection is characterised by tang of oxymoron, sweet and sharp, for walking men. They feel at liberty to strike up playful conversations between pieces, to combine them, to juxtapose lengths, to alternate volumes: wardrobe essentials shaken up, their always-precise construction daring novel proportions. #HermesHomme h.fr/MenWinterCollection2023
(2023/01/23 09:37:00) [Hermès]
The men's winter 2023 collection is characterised by tang of oxymoron, sweet and sharp, for walking men. They feel at liberty to strike up playful conversations between pieces, to combine them, to juxtapose lengths, to alternate volumes: wardrobe essentials shaken up, their always-precise construction daring novel proportions. #HermesHomme h.fr/MenWinterCollection2023
(2023/01/23 09:37:00) [Hermès]
The men's winter 2023 collection is characterised by tang of oxymoron, sweet and sharp, for walking men. They feel at liberty to strike up playful conversations between pieces, to combine them, to juxtapose lengths, to alternate volumes: wardrobe essentials shaken up, their always-precise construction daring novel proportions. #HermesHomme h.fr/MenWinterCollection2023
(2023/01/23 09:36:00) [Hermès]
The men's winter 2023 collection is characterised by tang of oxymoron, sweet and sharp, for walking men. They feel at liberty to strike up playful conversations between pieces, to combine them, to juxtapose lengths, to alternate volumes: wardrobe essentials shaken up, their always-precise construction daring novel proportions. #HermesHomme h.fr/MenWinterCollection2023
(2023/01/23 09:36:00) [Hermès]
The men's winter 2023 collection is characterised by tang of oxymoron, sweet and sharp, for walking men. They feel at liberty to strike up playful conversations between pieces, to combine them, to juxtapose lengths, to alternate volumes: wardrobe essentials shaken up, their always-precise construction daring novel proportions. #HermesHomme h.fr/MenWinterCollection2023
(2023/01/23 09:35:00) [Hermès]
The men's winter 2023 collection is characterised by tang of oxymoron, sweet and sharp, for walking men. They feel at liberty to strike up playful conversations between pieces, to combine them, to juxtapose lengths, to alternate volumes: wardrobe essentials shaken up, their always-precise construction daring novel proportions. #HermesHomme h.fr/MenWinterCollection2023
(2023/01/23 09:34:00) [Hermès]
The men's winter 2023 collection is characterised by tang of oxymoron, sweet and sharp, for walking men. They feel at liberty to strike up playful conversations between pieces, to combine them, to juxtapose lengths, to alternate volumes: wardrobe essentials shaken up, their always-precise construction daring novel proportions. #HermesHomme h.fr/MenWinterCollection2023
(2023/01/23 09:31:00) [Hermès]
The men's winter 2023 collection is characterised by tang of oxymoron, sweet and sharp, for walking men. They feel at liberty to strike up playful conversations between pieces, to combine them, to juxtapose lengths, to alternate volumes: wardrobe essentials shaken up, their always-precise construction daring novel proportions. #HermesHomme h.fr/MenWinterCollection2023
(2023/01/23 09:30:00) [Hermès]
The men's winter 2023 collection is characterised by tang of oxymoron, sweet and sharp, for walking men. They feel at liberty to strike up playful conversations between pieces, to combine them, to juxtapose lengths, to alternate volumes: wardrobe essentials shaken up, their always-precise construction daring novel proportions. #HermesHomme h.fr/MenWinterCollection2023
(2023/01/23 09:29:00) [Hermès]
The men's winter 2023 collection is characterised by tang of oxymoron, sweet and sharp, for walking men. They feel at liberty to strike up playful conversations between pieces, to combine them, to juxtapose lengths, to alternate volumes: wardrobe essentials shaken up, their always-precise construction daring novel proportions. #HermesHomme h.fr/MenWinterCollection2023
(2023/01/23 09:29:00) [Hermès]

エルメスの店舗

エルメスの商品を検索

日本国内の大手オンラインショッピングモール

日本国内の大手ファッション通販サイト

日本配送対応のアメリカ大手オンラインショッピングモール

日本配送対応のヨーロッパ大手ファッション通販サイト

日本配送対応のイギリス大手ファッション通販サイト

日本配送対応の北アメリカ大手ファッション通販サイト

個人輸入・海外通販のやり方・方法

日本への配送に対応している海外のショッピングサイトを利用した、個人輸入・海外通販のやり方・方法については、下記のページで詳しく解説しています。

個人輸入や海外通販のやり方を画像付きで詳しく解説!

200以上の国内・海外通販サイトを一括検索

「エルメス」を200以上の国内外の通販サイトで一括して検索する

エルメス(HERMES)」のクチコミ(332件)

クチコミ機能の使い方

  1. ■コメント入力ボックスをクリックすると、投稿フォームが開きます。クチコミ内容以外は全て任意入力です。クチコミのみを入力して送信ボタンを押すことで投稿できます。名前やメールアドレスを入力して送信することもできます。
  2. ■WordPress、Google+、Twitter、Facebookでログインして投稿すると、各アカウントに設定した表示名やアイコンでクチコミを投稿できます。投稿したクチコミ内容が連動してSNSに投稿されることはありません。
  3. ■フォーム内のチェックボックスにチェックをすると、名前やメールアドレス等を記憶させることができます。
  4. ■「返信」ボタンを押すと、そのクチコミスレッドに返信できます。返信を追加しても、そのスレッド全体がクチコミリストの先頭に表示されることはありません。

  1. やはり転売されている方いらっしゃいましたね。指摘注意されてもするのでしょうね。オンライン、人気商品の完売が早すぎでしたから他の方いらっしゃるのかもしれませんね。
    余程ほしい人にはうってつけの転売屋さんですがね。

  2. 確かに人気レザー商品は購入制限はありますがご家族や知人のidを使用すれば意味がないですよね

  3. オンライン確かに早すぎ。レザーは1人1点限りでそうでなければキャンセル?の様な事を書かれていた気がしますが買えるんですかね?グループ買いとか?

  4. 買い占めていますね~
    同じものがいつもなくなる。。。

  5. 日本のエルメスオンライン。人気商品をどなたかまとめ買いされているのでは?完売が早すぎる。それで商売をなさっているのでしょうか。そのような方もいらっしゃるかもしれませんが、、、購入したい方の気持ちも、、、

  6. また2月から値上げですね。
    日本で購入される方も徐々に減っていきそうですよね~
    バーキンなんて今いくら位になってしまったのでしょうか、、、。

  7. 先月、ハワイでグローブとグローブホルダーを購入し、顧客カードを記入致しましたらボリード31ゴールドを見せていただけました。
    バーキンは顧客様にしかお出ししていないと、はっきり言われました。

  8. >2015.10.15(Thu) 10:49:06 とあるエルメス好き
    どちらも2011春夏だと思います

  9. タイニーバーキン、キャンディバーキンはいつ頃からラインアップさらるようになったのでしょうか

クチコミを投稿する(クチコミ以外は全て任意項目です)