ファショコン通信

ファショコン通信はブランドやデザイナーの観点からファッションとモードを分析するファッション情報サイトです

ヒロココシノ:HIROKO KOSHINO


ヒロココシノのブランド情報

  • 1982年に創立した日本のファッションブランド。
  • 創立者は小篠弘子(Hiroko KOSHINO)。
  • 小篠弘子は1937年、大阪府岸和田市に生まれる。小篠綾子(Ayako KOSHINO)の実娘であり、小篠順子(Junko KOSHINO)小篠美智子(Michiko KOSHINO)ら「コシノ三姉妹」の長女。
  • 1957年、文化服装学院在学中に、日本デザイナー協会デザインコンクール第1位を受賞。
  • 1961年、文化服装学院デザイン科を卒業後、銀座小松ストア(現ギンザコマツ)のヤングレディースコーナー専属デザイナーに就任。
  • 1968年、後にファッション・デザイナーとなる次女の小篠ゆま(Yuma KOSHINO)が誕生。
  • 1978年、ローマアルタモーダに日本人として初めて参加。
  • 1982年、ヒロココシノインターナショナル株式会社を設立し、レディースプレタポルテ、ライセンスビジネスをスタート。同年、パリコレクションに参加。
  • 1984年、日本人として初めて上海でコレクションを発表。
  • 1988年、株式会社ヒロココシノデザインオフィスを設立。
  • 1997年、第15回毎日ファッション大賞を受賞。
  • 1994年、プラハでトワイライトモード展を発表。
  • 2000年、ドイツ・ハンブルグでタクタイル・センセーション展を発表。
  • 2003年10月、東京・青山にショップをオープン。同時に初のフレグランスを発表。
  • 2004年、芦屋市立美術博物館でコシノヒロコ展を発表。
  • 2005年、「クールビズ」をプロデュース。
  • 2007年秋、上海東方芸術センターでマイケル・ナイマンとコラボレートし、イベントを開催。
  • 2009年、パリ・コレクションに復帰。
  • 2010年10月22日、中国・北京で初のファッションショーを発表。

ヒロココシノの公式サイト

ヒロココシノの商品を検索

日本国内の大手オンラインショッピングモール

日本国内の大手ファッション通販サイト

日本配送対応のアメリカ大手オンラインショッピングモール

日本配送対応のヨーロッパ大手ファッション通販サイト

日本配送対応のイギリス大手ファッション通販サイト

日本配送対応の北アメリカ大手ファッション通販サイト

個人輸入・海外通販のやり方・方法

日本への配送に対応している海外のショッピングサイトを利用した、個人輸入・海外通販のやり方・方法については、下記のページで詳しく解説しています。

個人輸入や海外通販のやり方を画像付きで詳しく解説!

200以上の国内・海外通販サイトを一括検索

「ヒロココシノ」を200以上の国内外の通販サイトで一括して検索する

ヒロココシノ:HIROKO KOSHINO」のクチコミ(3件)

クチコミ機能の使い方

  1. ■コメント入力ボックスをクリックすると、投稿フォームが開きます。クチコミ内容以外は全て任意入力です。クチコミのみを入力して送信ボタンを押すことで投稿できます。名前やメールアドレスを入力して送信することもできます。
  2. ■WordPress、Google+、Twitter、Facebookでログインして投稿すると、各アカウントに設定した表示名やアイコンでクチコミを投稿できます。投稿したクチコミ内容が連動してSNSに投稿されることはありません。
  3. ■フォーム内のチェックボックスにチェックをすると、名前やメールアドレス等を記憶させることができます。
  4. ■「返信」ボタンを押すと、そのクチコミスレッドに返信できます。返信を追加しても、そのスレッド全体がクチコミリストの先頭に表示されることはありません。

  1. コシノヒロコさんと、婦人服を作って販売している会社はちがいます。
    コシノさんでは無く、作って販売している会社の仕業ではないかしら。

  2. ブランドのおわりですね。
    お客様をバカにしているのでしょうか?

  3. 1月2日横浜高島屋店で2点福袋を購入したのですが、ヒロコビスのブランドとは程遠い、今ではスーパーでも販売しない様なハイネックのセーター、丸首のカーデガン、売れ残りのスカートなどが入っていてショックでした。コシノヒロコのデザインでは明らかに違うものを福袋に入れて、ブランド名を付けて販売して、ブランドの誇りはないのでしょうか?このブランドのイメージが崩れました。

クチコミを投稿する(クチコミ以外は全て任意項目です)