ペンハリガン(PENHALIGON'S)

ペンハリガンのブランド情報

・1870年に創立したイギリスの化粧品ブランド。
・創立者はウィリアム・H・ペンハリガン。
・ロンドンのジャーミン ストリートに開いた理髪店が起源。
・1872年、ジャーミン ストリートのターキッシュバスのスチームと硫黄の香りにインスパイアされたペンハリガンの初めての香りである「ハマン ブーケ(Hammam Bouquet)」を発表。以降、伝統的な製法を用い、イングリッシュハーブや花々を原料としたオードトワレやポマード・ソープが大変な評判となり、「トータルグルーマー」としての地位を不動のものにした。「ウィリアムのデザインによる透明のガラスにボウタイをあしらった香水瓶に入った香りは、今もなおイギリスで作られ、手絞りのベルガモットやゴールドよりも高価なジャスミンなど、上質で希少な香料が使用されています」。ウィリアム・H・ペンハリガンは、ヴィクトリア女王の統治が終わる頃、トータルグルーマーとしての実績が評価され、「英国王室御用達の理容師兼香水商」の称号を授与された。
・ペンハリガンのフレグランスは、香りの濃度によりオードパルファム、オードトワレ、オーデコロンに分類。また、香調によりシトラス、アロマティック、シプレ、フゼア、フローラル、ウッディ、オリエンタルの7つに分類。
・1902年、マールボロ侯爵のために調合したフレグランス「ブレナムブーケ」を発表。同フレグランスはチャーチルも愛用した。
・1903年、アレクサンドラ女王より英国王室御用達認定証(ロイヤル・ワラント)を授与される。
・1910年、クローバーやラベンダー、ゼラニウムが敷き詰められたイギリスの森をイメージさせるグリーンなフレグランス「イングリッシュ ファーン(English Fern)」を発表。
・1911年、ポルトガル・クロフト港湾の名家であるパーシー・クロフト卿に捧げられた香りのフレグランス「デューロ(Douro)」を発表。フレグランス名の由来は、ポルトガルとスペインを流れる川の名前から。
・1930年、胸を高鳴らせる唯一無二のムードをもったオリエンタルな香りのフレグランス「ジゾニア(Zizonia)」を発表。
・1956年、エディンバラ公より英国王室御用達認定証(ロイヤル・ワラント)を授与される。
・1983年、生き生きと心を躍らせるウッディーシトラスが香るフレグランス「エスプリ ド ロワ(Esprit du Roi)」を発表。
・1988年、プリンス・オブ・ウェールズより英国王室御用達認定証(ロイヤル・ワラント)を授与される。
・1996年、爽やかな感覚を楽しみたいあらゆる人に向いている生き生きとしたシトラスコロンのフレグランス「クァーカス(Quercus)」を発表。
・1998年、フレグランス「ネロリ」を限定発表。後に、スペインの前身であるカスティーリャ王国に由来する「カスティーユ(Castile)」に名称変更。
・1999年、官能的なぬくもりに包まれるミステリアスなフレグランス「LP No.9 フォーメン(LP No.9 for Men)」を発表。
・2003年、甘くソフトでありながら男らしさを感じさせる魅惑的なフレグランス「エンディミオン(Endymion)」を発表。フレグランス名の由来は、ギリシャ神話に登場する王の名前から。美しさ故に月の女神に愛されたエンディミオンは歳をとらないよう永遠の眠りを与えられたという逸話がある。
・2005年、優雅なウッディフレグランス「オーパス1870(Opus1870)」を発表。フレグランス名の由来は、ラテン語で「偉業」の意。
・2007年、本国100%子会社であるペンハリガン ジャパン株式会社を設立。日本国内輸入代理店であったブルーベル・ジャパン株式会社の取扱は終了。
・2008年9月1日、ペンハリガン日本公式サイトをオープン。
・2008年11月、ペンハリガン日本公式オンラインショップをオープン。
・2010年、トラディショナルなフゼアをモダンに昇華させた現代のジェントルマンに向けた香りのフレグランス「サルトリアル(Sartorial)」を発表。ビスポークテーラー「ノートン&サンズ(NORTON & SONS)」のアトリエにインスパイアされた香り。
・2011年、黄金の1920年代へのオマージュとして当時のロンドンを象徴する最もムーディーなお酒であるドライ・ジンにインスパイアされた遊び心溢れるフレグランス「ジュニパー スリング(Juniper Sling)」を発表。
・2011年、ジゾニアとエスプリ ド ロワが新たな調香で「アンソロジーコレクション」に追加。
・2014年、冒険に満ちた大胆なユニセックスの香りのフレグランス「ロタール(Lothair)」を発表。フレグランス名の由来は、実存したティー・クリッパー(紅茶を運ぶ帆船)の名前から。19世紀末に海洋貿易の拠点として栄華を極めたロンドンにインスパイアされたコレクションである「トレードルート(TRADE ROUTES)」の1つ。
・2014年、モダン・ジェントルマンのためのグルーミングコレクションであるバイオリアの世界観を象徴する爽快なフレグランス「バイオリア(Bayolea)」を発表。
・2015年7月31日をもってペンハリガン ジャパン株式会社は業務を終了。日本国内におけるビジネスをペンハリガン ジャパンから国内販売代理店であるブルーベル・ジャパン株式会社に完全移管。
・イギリスや日本等、世界のホテルや宿泊施設でアメニティとしての導入実績がある。関連ページ「PENHALIGON’S(ペンハリガン)」(「peaceful child」より)。

ペンハリガンの公式サイト

・Penhaligon's Japan
 http://www.penhaligons.jp/
・Penhaligon's - YouTube
 https://www.youtube.com/user/PenhaligonsLtd

ペンハリガンの公式SNS

Penhaligon's cover photo (2016/12/07 15:14:36) [Facebook]
Arisaig..Daisies on (2015/10/23 23:53:13) [Pinterest]
whimsical (2015/10/23 23:52:50) [Pinterest]
Sea thrift growing n (2015/10/23 23:52:40) [Pinterest]
Stonehaven, Scotland (2015/10/23 23:52:35) [Pinterest]
Path winding through (2015/10/23 23:52:21) [Pinterest]

ペンハリガンの商品を検索

・ペンハリガンの商品を見る・探す ここをクリック
・ペンハリガンの商品をYahoo!ショッピングで探す ここをクリック
・ペンハリガンの商品をAmazonで見る・探す ここをクリック

ペンハリガンの通販一括検索結果

ペンハリガンへのクチコミ・評判

ペンハリガンに関するクチコミ情報や質問等を投稿してください。
他のブランドのクチコミを見てみる
クチコミフォーム
おなまえ
クチコミ(URLは「http:」や「https:」等を省略し「//www.〜」等と記述)
BRANDS for FRIENDS
FOREVER 21 Japan

世界のブランド情報 | コレクション情報 | プレスリリース集 | 画像ギャラリー | インタビュー記事 | ブランド投票 | 複数通販一括検索

ファショコン通信 公式Facebookページ ファショコン通信 公式Twitter ファショコン通信 公式Google+ページ
Copyright © 1999-2016 fashocon' tsushin All Rights Reserved.