ドルチェ&ガッバーナ(DOLCE & GABBANA)

ドルチェ&ガッバーナのブランド情報

  1982年に創立したイタリアのファッションブランド。
  創立者はドメニコ・ドルチェ(Domenico DOLCE)とステファノ・ガッバーナ(Stefano GABBANA)。
  ドメニコ・ドルチェは1958年8月13日、イタリアのシチリア島に生まれる。生家は縫製工場を経営、彼は工場を手伝っていた。マランゴーニ・ファッション学園出身。
  ステファノ・ガッバーナは1962年11月14日、イタリアのヴェニスに生まれる。マランゴーニ・ファッション学園出身。グラフィックアートを学び広告代理店に勤めた経験がある。
  互いにゲイで有名で、一時期は交際していた。
  1980年、ミラノのファッションデザイナーのスタジオで働いている時に出会う。
  1982年、ミラノの中心部にオフィスを構える。
  1985年、ミラノでレディースコレクションを発表。
  1987年、ニットウェアコレクションである「ル・マグル・ディ・ドルチェ&ガッバーナ」を発表。   1989年、ランジェリーとビーチウェアを発表。   1990年、メンズウェアラインを発表。
  1990年、ミラノにレディースのオンリーショップをオープン。
  1991年、メンズのショップをオープン。
  1994年、セカンドライン「D&G」を発表。生産・販売はイタリアのイッティエレ社が担当。他、「ドルチェ&ガッバーナ・ジーンズ」や「&」がある。
  1996年、ニューヨーク・コレクションにも参加。
  2000年、デストロイ・ジーンズを発表。当時、クラッシュ加工が流行した。
  2005年11月15日、ブランド創立20周年を記念した書籍である「20 Years DOLCE & GABBANA」を発表。同書籍は20年間に渡る服作りの秘話やキャリアをアンソロジーの形でまとめたもので、デザイナーが互いに向けて著書を書き下ろすというスタイルになっている。
  2006年4月14日、東京・銀座に路面店である「ドルチェ&ガッバーナ銀座」をオープン。総売場面積は約580平方メートル。
  2006年、サッカー・ワールドカップドイツ大会において、イタリアの公式スーツ及びウェアを提供。
  2006年、アメリカの通信機器メーカーであるモトローラ(Motorola)とコラボレートした携帯端末をアメリカで発売。2007年にはNTTドコモから国内対応モデルを発売。
  2008 S/S より、ドルチェ&ガッバーナ・ジャパンが「D&Gジュニア(D&G JUNIOR)」の輸入・販売を開始。
  2010-2011 A/W を最後に、日本でのD&Gの既製服と皮革製品事業を休止。
  2010年7月、イングランド・プレミアリーグのサッカーチームであるチェルシーとの間で、今後3年間、同チームの公式スーツを提供することで合意したと発表。
  2012 S/S 最後に、D&Gを終了。

ドルチェ&ガッバーナの公式サイト

・Dolce&Gabbana 公式サイト
 http://www.dolcegabbana.jp/
・Dolce&Gabbana Official Site
 http://www.dolcegabbana.com/
・Dolce&Gabbana Official Channel - YouTube
 http://www.youtube.com/dolcegabbanachannel

ドルチェ&ガッバーナの公式SNS

Chinese actor Zhang (2016/11/25 23:06:05) [Pinterest]
Qiqi and Simon Yam w (2016/11/25 22:59:37) [Pinterest]
Joseph Chang wearing (2016/11/25 22:26:40) [Pinterest]
Round sunglasses are (2016/11/25 00:36:41) [Pinterest]
#DGSicilianWestern v (2016/11/24 22:07:58) [Pinterest]

ドルチェ&ガッバーナの取扱サイト

ドルチェ&ガッバーナの商品を検索

・ドルチェ&ガッバーナの商品を見る・探す ここをクリック
・ドルチェ&ガッバーナの商品をYahoo!ショッピングで探す ここをクリック
・ドルチェ&ガッバーナの商品をAmazonで見る・探す ここをクリック

ドルチェ&ガッバーナの店舗

DOLCE & GABBANA
東京都中央区銀座5-4-9 ニューギンザ5号館ビル
DOLCE & GABBANA 表参道
東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ

ドルチェ&ガッバーナの通販一括検索結果

ドルチェ&ガッバーナへのクチコミ・評判

ドルチェ&ガッバーナに関するクチコミ情報や質問等を投稿してください。 (最新10件より前はクチコミリストに表示)
明確な回答は直営店に聞かれるのが良いと思いますが、自身が所有しているもので分かる範囲で。
14ゴールドや16クラシックの数字は股上長。
ゴールドはスキニー、クラシックはベーシックなストレートて感じです。他にルーズもあります。文字通りゆったりストレートです。
通常、サイズ44の私ですが、14ゴールドはサイズ46にするくらい細いです。
これくらいしか・・・。 [返信]
DDD
2008.09.22(mon) 20:11:29
詳しい説明ありがとうございます。すごく参考になりました。 [返信]
とあるドルチェ&ガッバーナ好き
2008.09.22(mon) 23:26:21
wikipediaのアウトレットの項目に今日にあるDesignerStockというものがあったのですが、DesignerStockでもドルチェ&ガッバーナの取り扱いはあるのでしょうか?
京都在住なので、りんくうよりも近いのでこちらにあると有難いのですが・・・。
下記URLです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%AB [返信]
DoLcE
2009.03.19(thu) 14:09:45
http://www.designerstock.net/
ではないでしょうか?
拝見したのですが、あるみたいですよ。
これくらいは、ご自身で調べられるかと思うのですが・・・。 [返信]
とあるドルチェ&ガッバーナ好き
2009.03.21(sat) 09:33:46
ドルガバのニセモノがたくさん出回っています。
デニムなどはとてもよく出来ていて、素人目には全くわかりません。
ボタンの津きりや、ボタンの裏の留め金などがホンモノとは違う場合がありますし、また、ブランド名の最後に○にRの文字が刺繍していますが、ニセモノはこの文字が小さいためつぶれていることが多いです。
ホンモノはRという文字がはっきりと刺繍されています。

あと、メガネやサングラスにおいてはホンモノにはないデザインのニセモノが多数出回っています。

当然、ベルトやアクセサリーなんかで安いものは全部ニセモノと思って購入するほうがいいと思います。
[返信]
ニセモノが増えてます
2009.03.28(sat) 19:27:00
DOLCE & GABBANAのネックレスが欲しいんですが、色んな種類が置いてあるお店を探してます。
京都、大阪でお願いします
[返信]
とあるドルチェ&ガッバーナ好き
2009.11.21(sat) 21:02:43
以前カ◯ンドでDOLCE&GABBANAのジャケットを7万くらいで購入したのですが、タグのところに日本語で「イタリー製 三崎商事」と表記されていたのですが、これって偽物ですか? [返信]
とあるドルチェ&ガッバーナ好き
2010.01.26(tue) 10:01:33
昔はドルガバジャパンがなく三崎商事が輸入代理店でした。 [返信]
.
2010.02.27(sat) 02:23:02
D&Gの正規店で購入してないんですど


Tシャツを購入したんですけど
Maid IN CHINAと書いてるんですけど
偽物ですかね?
[返信]
2010.07.14(wed) 21:27:50
ドルガバのロンTとかベルトなどのプレートの文字が色々違うのがありますが文字で偽物とか解りますか?後服によってプレートの
大きさが違うのとかあるんですけどどーなんですか!?
誰かドルガバ本物偽物の
見分け方教えて下さい
[返信]
とあるドルチェ&ガッバーナ好き
2012.01.22(sun) 12:45:21
彼らがゲイであるせいかどうかは分からないが、メンズラインにも非常に力を入れてくれているのがうれしい。男性の魅力を最大限に引き出すため、練りに練られたそのデザインにも毎回感服する。個人的な見方では、派手なレディースラインに比べ、メンズはとにかく「男臭い」というか、デザインがやや奇抜なものもそうでないものも、それなりに着られてしまうのが良い。かくいう私もゲイで、ドメニコ・ドルチェは結構タイプだったりする… [返信]
aviator&motard
2012.07.22(sun) 14:22:21
クチコミフォーム
おなまえ
クチコミ(URLは「http:」や「https:」等を省略し「//www.〜」等と記述)
FOREVER 21 Japan

世界のブランド情報 | コレクション情報 | プレスリリース集 | 画像ギャラリー | インタビュー記事 | ブランド投票 | 複数通販一括検索

ファショコン通信 公式Facebookページ ファショコン通信 公式Twitter ファショコン通信 公式Google+ページ
Copyright © 1999-2016 fashocon' tsushin All Rights Reserved.