ファショコン通信

ファショコン通信はブランドやデザイナーの観点からファッションとモードを分析するファッション情報サイトです

ヨウジヤマモト:Yohji Yamamoto


ヨウジヤマモトのブランド情報

  • 1972年に創立した日本のファッションブランド。
  • 創立者は山本耀司(Yohji YAMAMOTO)。山本耀司は1943年、東京都に生まれる。1966年、慶應義塾大学法学部を卒業。1969年、文化服装学院デザイン科を卒業。
  • 1972年、既製服部門として株式会社「ワイズ(Y’s)」を設立。「男性の服を女性が着る」という山本耀司の服作りへの思想と哲学を具現化した、独創的で立体的なカッティングによる美しいドレープ感が表現されたエレガントなシルエットのアイテムを展開。「機能的かつ品位のある日常着」というオリジナルなカテゴリのアイテムを提案している。
  • 1977年、東京コレクションにデビュー。
  • 1981年、レディースブランドである「ヨウジヤマモト(Yohji Yamamoto)」でパリプレタポルテ・コレクションにデビュー。鮮烈なデビューコレクションで強烈なインパクトを印象付け、以降1980年代前半から、川久保玲(Rei KAWAKUBO)とともに、服の既成概念を廃した独特の表現手法で世界のデザイナーに多大な影響を与えた。ヨウジヤマモト・ファム(Yohji Yamamoto FEMME)は山本耀司の世界観を最大限に服のクリエーションで表現。「アンチテーゼによってモードを制覇する」という、伝統的な西洋的服作りへのアンチテーゼ、即ち、モードというものでモードを否定するという感覚を信条に、繊細で独創的な服作りを展開。無彩色、特に黒を基調とし、哲学性や反骨精神の表面化された、新しい価値観による独特のシルエットを生成する。アンドロジナス、殊に女性を男化させることを得意とする。その独特のデザインスタイルから、「ヨウジヤマモト」の名で世界的な評価も高く、各国デザイナーが「尊敬するデザイナー」として山本耀司を挙げることも少なくない。日本のみならず世界中に熱狂的且つ信徒的なファンが数多く存在するカリスマデザイナーである。尚、パリ コレクションにデビューする際に、ブランド名を「Y’s」から「Yohji Yamamoto」に改めたのは、「Y’s」のままだとブランド名を正確に読んでもらえないからであるといわれている。
  • 1984年、メンズブランドである「ヨウジヤマモト・オム(Yohji Yamamoto HOMME)」でパリ プレタポルテ・コレクションに参加。ヨウジヤマモト・オムも山本耀司の世界観を最大限に服のクリエーションで表現。山本耀司が考える男性像は「社会の規範に縛られることなく 自由な精神を持つ”何者だかわからない“男たち。ダンディでありながらどこかコミカルなユニークさが漂っている男たち」。ブラックを基調としたダークなカラーパレット、オーバーサイズなボックスシルエット、エレガントで優雅なテキスタイルのドレープ感などが、ヨウジヤマモト・オムの真骨頂である。
  • 1986年、第4回毎日ファッション大賞を受賞。
  • 1988年、株式会社ヨウジデザイン研究所を設立。以降、主にパリを拠点にコレクションを展開。
  • 1991年、東京でメンズのショーである「6・1 ザ・マン」を発表。
  • 1992-1993 A/W より、アール(A.A.R)の創立と共に、同ブランドとのコラボレートをスタート。2005-2006 A/W を最後に、コラボレートを解消。
  • 1994年、第12回毎日ファッション大賞を受賞。
  • 2001年、アディダス(adidas)とコラボレートし、「ワイスリー(Y-3)」を発表。
  • 2002年、植原邦雄(Kunio UEHARA)無印良品(MUJI)のチーフデザイナー契約を締結(同契約は2007年に解消)。
  • 2002年7月、パリオートクチュール・コレクション期間中にショーを行う。同年、自身の軌跡を写真と文章で綴った「Talking to Myself」を発表。03年、同書籍がドイツのライプチッヒブックフェア「世界で最も美しい本展」でブロンズ賞を受賞。
  • 2003年12月20日、東京・六本木にワイズ初の旗艦店をオープン。
  • 2004年4月28日、学術・芸術・スポーツ分野を対象にした褒章である紫綬褒章を受章。
  • 2004年12月21日、文化・経済などの分野での重要な業績を評価して贈られるイタリア・トスカーナ州における最高の栄誉である「銀の旗賞」を受章。
  • 2005年6月5日、イタリアのフィレンツェにあるショッピングモール「ザ・モール」に、ヨウジヤマモトとして国内外問わず、初のアウトレットショップを出店。同月末、アメリカでのビジネスを確立するため、ニューヨークにショールームをオープン。
  • 2005年、フランス政府から「国家功労勲章(Officier Ordre National du Mérite)」を授与される。
  • 2005-2006 A/W より、アクセサリーラインである「Yデザイン」をスタート。
  • 2006 S/S より、メンズウェアのテーラードラインである「ワイ(Y)」をスタート。イタリアのファクトリーブランドをイメージしたラインで、マッキントッシュ(MACKINTOSH)とコラボレートしたトレンチコートやコルテ(Corthay)とコラボレートしたスペシャルモデルの靴である「ピエール・コルテ・フォー・ヨウジヤマモト(Pierre Corthay for Yohji Yamamoto」等も発表。
  • 2006年9月1日、株式会社ヨウジヤマモトの一部株式を保有する持株会社である株式会社エフ・ワイと販売員所属会社である株式会社ワイズを吸収合併。同時に、リミフゥ(LIMI feu)事業を分社化し、株式会社リミヤマモトを設立。
  • 2006-2007 A/W より、「ワイズ・レッドレーベル(Y’s RED LABEL)」をスタート。デザイナーは鈴木道子(Michiko SUZUKI)
  • 2007年11月より、ミキモト(MIKIMOTO)との共同開発によるジュエリーコレクションを展開。コレクションのタイトルは「ストーミー・ウェザー」であり、「ムーン」、「ドロップス」、「ルクリ」の 3ラインがある。
  • 2008-2009 A/W には、エルメス(HERMES)とコラボレートしたショルダーバッグを発表。同バッグはエルメスから「ヨウジ(Yohji)」というモデルで発売される予定。
  • 2008年1月、イタリアのアパレルメーカーであるシンヴ(SINV)社と提携し、新ブランドである「カミングスーン(COMING SOON)」をパリで発表。
  • 2008年2月、Y-3 初のニューヨーク旗艦店をオープン。
  • 2008 S/S には、サングラスライン「プロトタイプ」を発表。生産はリンダ・ファーロー。
  • 2008年11月、フランス・パリのカンボン通りに旗艦店をオープン。ショップコンセプトは「ホワイトボックス」。総売場面積は約600平方メートル。
  • 2009年5月、アメリカのニューヨーク・ソーホーにワイズ・マンダリーナとカミングスーンの期間限定の複合実験店舗をオープン。総売場面積は約210平方メートル。
  • 2009-2010 A/W より、1963年5月22日設立の三崎商事株式会社(MISAKI SHOJI Co., Ltd.)がカミングスーンの独占輸入販売権を取得。
  • 2009-2010 A/W を最後に、ワイズ・レッドレーベルを休止。これに伴い、鈴木道子も退社。同シーズンを最後に、「ワイズ・フォーメン(Y’s for men)」のコレクションを休止し、「ヨウジヤマモト・オム(YOHJI YAMAMOTO HOMME)」に集約。
  • 2010 S/S から 2014年まで、サムソナイト(Samsonite)とライセンス契約を締結し、Y-3 のバッグや旅行用品等を展開。
  • 2009年10月9日、株式会社ヨウジヤマモトが民事再生法の適用を申請。2007年9月設立の投資会社インテグラル株式会社(Integral Corporation)とスポンサー契約を締結し新会社を設立して店舗の営業を続ける。 山本耀司がチーフデザイナーを務める。
  • 2010年4月1日、東京・渋谷の国立代々木競技場第二体育館にて、国内では19年振りのメンズコレクションとなるヨウジヤマモト プールオム(YOHJI YAMAMOTO POUR HOMME)のショーである「YOHJI YAMAMOTO THE MEN 4.1 2010 TOKYO」を発表。
  • 2011年6月10日、イラストレーターの山口はるみとコラボレートし、ヨウジヤマモト・ファム、ヨウジヤマモト・オム、ワイズのアイテムを発表。
  • 2013 S/S には、キャリア女性に向けたスーツの新ラインである「ワイズ・エクスクルーシヴ(Y’s Exclusive)」をスタート。ブランドターゲットは働く知的な女性。
  • 2013年、「サイト(S’YTE)」を総合ウェブショップである「サイト・ウェブ・サイト(S’YTE WEB SITE)」としてリニューアルオープン。サイトのほか、ワイズやヨウジヤマモトのスペシャルアイテムも展開。
  • 2013年4月25日がら5月12日まで、ドイツ・ベルリンで「カッティング・エイジ:ヨウジ ヤマモト・イン・ベルリン」をテーマに複数のイベントを同時開催。
  • 2013-2014 A/W より、新ラインである「レギュレーション・ヨウジヤマモト・メン(REGULATION Yohji Yamamoto MEN)」をスタート。ブランドコンセプトは「制服」と「美に対する従来の価値観や偏見に屈しない不良の精神を大人になっても持ち続ける男たち『STAY WILD』」。
  • 2014年2月、三越伊勢丹がニューヨークで展開した期間限定店である「ニッポニスタ」において、ヨウジヤマモト初の雑貨ブランドである「ディスコード(discord)」を発表。同年5月12日から5月20日まで、東京・新宿の伊勢丹新宿店本館ザ・ステージで、ディスコードを先行販売。「ラグジュアリーアクセサリーブランド」として、バッグ、シューズ、ウォレット、スカーフ等、52型展開。その後、ヨウジヤマモト青山、三越銀座店、日本橋本店でも取扱う。
  • 2014年6月11日から6月17日まで、東京・池袋の西武池袋本店で YOHJI YAMAMOTO PARFUMS の新しいシリーズである「ラブ・ストーリー・バイ・ヨウジヤマモト(LOVE STORY BY YOHJIYAMAMOTO)」の発売に合わせた期間限定店をオープン。ヨウジヤマモト青山本店でも同時発売。
  • 2014年7月29日から8月18日まで、東京・渋谷の西武渋谷店で、細密画家である笹田靖人とコラボレートしたアイテムを展開する「Fashion is always art」フェアを開催。
  • 2014年9月5日、東京・渋谷の渋谷パルコ・パート1に、渋谷カルチャーに共感し街に訪れる人をターゲットとし、株式会社ヨウジヤマモトのブランドをセレクトしたコンセプトショップである「Ground Y」をオープン。ショップコンセプトは「ユニセックスで服を着る」。Ground Yのためにスタートしたショップオリジナルの若年層向け低価格帯ブランドである「グラウンド・ワイ(Ground Y)」、エドウィン(EDWIN)とコラボレートしたジーンズブランドである「ヨウジ・ジーンズ」、「バイ・ワイズ」や「ワイズ・ピンクレーベル」の限定アイテム、シルバーアクセサリーブランドである「ゴシック・ヨウジヤマモト」等を展開。
  • 2014-2015 A/W には、東京のイタリア大使館内でイタリアの人工皮革メーカーであるアルカンターラ社の素材を用いた「ワイズ」のミニコレクションショーを開催。
  • 2014-2015 A/W には、アディダスとコラボレートし、山本耀司がレアル・マドリードのサードユニフォームをデザイン。リミテッドエディションのユニフォームは世界1400着限定で展開し、日本国内では2014年9月19日からヨウジヤマモト本店や Y-3直営店等で取扱う。
  • 2014年10月24日より、株式会社円谷プロダクションとコラボレートし、「Ground Y X ウルトラマンシリーズ」を展開。プレスリリース「ファッション&カルチャー発信基地・渋谷パルコにウルトラマン降臨!ヨウジヤマモト「Ground Y」×「ULTRAMAN」新コラボレーションアイテム10/24発売」。
  • 2014年12月より、モンドティカ(MONDOTTICA)社とライセンス契約を締結し、アイウェアをスタート。コンセプトは「ドラマチック」、「アヴァンギャルド」、「インテリジェント」。日本では村井が展開し、世界で展開される。
  • 2016年6月10日より、軽やかな現代女性のライフスタイルに合ったイメージで展開するレディースの新ラインである「Bヨウジヤマモト(B Yohji Yamamoto)」を展開。ブランド名の由来は、「ブラック」や「ビッグシルエット」の頭文字、及びヨウジヤマモトの新たな一面という意味での「B面」から。シンプル、ユニセックス、スポーティをコンセプトに、普段使いに適したデイリーなウェアを提案。Tシャツからジャケット等まで18,000円~128,000円と、普段使いに適した価格帯。
  • 2015年3月より、三越伊勢丹ホールディングスとコラボレートし、同社がエイベックス・グループ・ホールディングスと組んで開発した日本古来の大麻布を製品化した新素材である「麻世妙」を用いたヨウジヤマモトの商品を展開。同年5月には、三越日本橋本店本館1階中央ホールで「グローバル・グリーン」の一環としてレディース14型・メンズ3型を展開。
  • 2016年6月17より、Y’sブランドでコートエシエル(Cote&Ciel)とコラボレートしたリュックを2型展開。コートエシエルからのラブコールにY’sが応えた。
  • 2016-2017 A/W には、トート(tote)とコラボレートし、Y’sブランドでコラボレートシューズを展開。
  • 他方、コレクション発表だけでなく、「BROTHER」や「Dolls」、「座頭市」等の北野武監督作品の映画衣装等も手掛けた。
  • さらに、ヨウジヤマモト及びワイズにて、上記以外にもモンクレール(MONCLER)マジックウォッシュ(前スポテッドホースクラフト)ダイネーゼ(DAINESE)ビルケンシュトック(BIRKENSTOCK)ヒロムタカハラ(HIROMU TAKAHARA)ヨシコクリエーションパリズ(YOSHiKO CREATiON PARiS)マンダリナダック(MANDARINA DUCK)、小澄源太(Genta KOSUMI)等とコラボレートしたアイテムも発表する等、活動は幅広い。

ヨウジヤマモトの音楽活動

  • 世界的デザイナーと騒がれ、1人の人間としてではなく、「ヨウジヤマモト」という商品として扱われ始めたことに恐怖を感じ、「人間・山本耀司」の存在を表現するために、山本耀司は音楽活動を行っている。
  • 1987.05.21 – 高橋幸宏 「La pensee」(1987 S/S、1987-1988 A/Wファム)
  • 1991.05.10 – 「compulsion」(1991-1992 A/Wオム)
  • 1991.12.11 – 「さあ、行かなきゃ」(初ソロアルバム)
  • 1993.08.10 – HIROFUMI TOKUTAKE for Yohji Yamamoto 「THE SHOW vol.1」(1993-1994 A/Wファム)
  • 1993.12.19 – Michael Nyman for Yohji Yamamoto 「THE SHOW VOL-2」(1994 S/Sファム) BR>
  • 1995.01.30 – 矢野顕子 for Yohji Yamamoto 「THE SHOW vol.3」(1994-1995 A/W、1995 S/Sファム) BR>
  • 1996.02.25 – 「THE SH0W V0L.4」(1996 S/Sファム) BR>
  • 1996.03.25 – 「DON’T LOOK BACK
  • 1996.06.10 – KY0N 「THE SH0W V0L.5」(1994 S/Sオム)
  • 1996.12.01 – 「THE SH0W V0L.6」(1997 S/Sファム)
  • 1997.04.18 – 「YOUR PAIN SHALL BE YOUR MUSIC
  • 1997.04.18 – 「HEM
  • 1998.11.18 – 「Dog of Terror-地
  • 2002.07.31 – 「THE SHOW vol.7」(Yohji Yamamoto Collection 1995)

ヨウジヤマモトのコレクション・ミュージック

  • Yohji Yamamoto パリコレクション で使われた音源が、ポリスターレコードより発売されています。
  • 2002.02.27 – 「Collection Music 2002 Spring/Summer

ヨウジヤマモトに関連するブランド

  • ヨウジヤマモト プリュス・ノアール(YOHJI YAMAMOTO + NOIR)
  • ヨウジヤマモト プールオム(YOHJI YAMAMOTO POUR HOMME)
  • ワイズ(Y’s)
  • ワイズフォーリビング(Y’s for living)
  • ワイ(Y)
  • ワイスリー(Y-3)
  • ワイズ・レッドレーベル(Y’s RED LABEL)
  • ワイズフォーメン(Y’s for men)
  • ワイズ・マンダリーナ(Y’S MANDARINA)

ヨウジヤマモトの公式サイト

ヨウジヤマモトの最新ニュース

http://www.yohjiyamamoto.co.jp/news/feed/

ヨウジヤマモトの公式SNS



https://www.facebook.com/419903961477420
https://www.instagram.com/yohjiyamamotoofficial

ヨウジヤマモトの取扱サイト

ヨウジヤマモトの商品の着用や携行がみられた有名人

  • リアーナ(RIHANNA)シンガーソングライター
  • ジャスティン・ドリュー・ビーバー(Justin Drew BIEBER)シンガーソングライター
  • ケイト・ブランシェット(Cate BLANCHETT)女優
  • キルスティン・キャロライン・ダンスト(Kirsten Caroline DUNST)女優
  • マリア・シャラポワ(Maria SHARAPOVA)アスリート
  • アシュレー・フラー・オルセン(Ashley Fuller OLSEN)女優
  • ティルダ・スウィントン(Tilda SWINTON)女優
  • セレーナ・マリー・ゴメス(Selena Marie GOMEZ)女優
  • カイリー・ジェンナー(Kylie JENNER)タレント
  • コモン(COMMON)ラッパー

ヨウジヤマモトの店舗

ヨウジヤマモトの商品を検索

日本国内の大手オンラインショッピングモール

日本国内の大手ファッション通販サイト

日本配送対応のアメリカ大手オンラインショッピングモール

日本配送対応のヨーロッパ大手ファッション通販サイト

日本配送対応のイギリス大手ファッション通販サイト

日本配送対応の北アメリカ大手ファッション通販サイト

個人輸入・海外通販のやり方・方法

日本への配送に対応している海外のショッピングサイトを利用した、個人輸入・海外通販のやり方・方法については、下記のページで詳しく解説しています。

個人輸入や海外通販のやり方を画像付きで詳しく解説!

200以上の国内・海外通販サイトを一括検索

「ヨウジヤマモト」を200以上の国内外の通販サイトで一括して検索する

ヨウジヤマモト:Yohji Yamamoto」のクチコミ(62件)

クチコミ機能の使い方

  1. ■コメント入力ボックスをクリックすると、投稿フォームが開きます。クチコミ内容以外は全て任意入力です。クチコミのみを入力して送信ボタンを押すことで投稿できます。名前やメールアドレスを入力して送信することもできます。
  2. ■WordPress、Google+、Twitter、Facebookでログインして投稿すると、各アカウントに設定した表示名やアイコンでクチコミを投稿できます。投稿したクチコミ内容が連動してSNSに投稿されることはありません。
  3. ■フォーム内のチェックボックスにチェックをすると、名前やメールアドレス等を記憶させることができます。
  4. ■「返信」ボタンを押すと、そのクチコミスレッドに返信できます。返信を追加しても、そのスレッド全体がクチコミリストの先頭に表示されることはありません。

  1. >ワイズの意味は何ですか? 2012.06.23(sat) 17:01:28
    ワイズはデザイナーのスペルで、ヨウジヤマモト(Yohji Yamamoto)=「Y」の~、という意味だと思います。

  2. 2010.01.18(mon) 14:51:51に書き込まれた方へ。
    2010年の2月に行ったときは、ワイズの御殿場アウトレット店はまだ営業されていましたよ。

  3. 09-10秋冬のキュロットなら
    HZ-S07-166となってるのですが、最初のHはオムを表しています。ファムだとF、ワイズだとY、フォーメンだとMです。
    で、次のアルファベットZが09-10秋冬ということを示しているのですが、09春夏はVだったりとアルファベット順ではありません。
    また、三個目のアルファベットSはどんな商品化表していてジャケットならJ、パンツならPといった調子です。店員さんになると数字から素材などもわかるみたいですよ。

  4. ヨウジオムやワイズの品質タグに書かれているアルファベットで、販売の年代がわかると聞きましたが、どうやって見分けるのでしょうか?

  5. ワイズの御殿場アウトレット店はヨウジのホームページから消えていますがまだ営業してますか?
    知っている方、教えて下さい。
    ワイズのメンズが展開終了らしいので一度行きたいのですが・・・。

  6. そうなんですか!安心しました!恐らく価格設定は高めなんでしょうが、一度お店を覗いてみたいと思います。ありがとうございました。

  7. Y’sのメンズは今季で終わり、と担当さんから聞きました。半年くらい前からほぼ決まっていたそうです。来季からは、店舗によって閉店だったり、ヨウジのオムの店舗になったりするらしいのですが、ヨウジのオムの来季はY’sっぽいので、Y’sがお好きなら悲観なさらないでいいと思いますよ。

  8. いずれY’sのメンズがなくなり、レディースのみの販売になるとの噂を聞いたんですが、本当なのでしょうか。わかる方がいらっしゃいましたら教えて欲しいのですが・・。本当でしたらとても悲しく思います。ずっと好きなブランドでしたので。

  9. 日本が世界に誇れる数少ないデザイナーです。
    商業ベースや売上にこだわらずにクリエイティブに専念してほしい。
    色んなものを抱え込まずに世界のデザイナーと互角にファッションを創造することに専念して欲しい。

  10. ついに民事再生法を申請しましたね…。これで逆にしばらく安泰ではありますが…。

  11. 服を買ってあげることしかないでしょうね。
    買い支えてあげること。
    好きでも買わないとMIUMIU UOMOのように
    無くなっちゃうんですよ。

  12. ヨウジヤマモトファンが、ヨウジヤマモトの服を買い続けられるように、何かできることありませんか?

  13. くどいようですが、前期の2008~9AWには「Y’s for men」のタグのモノがあり、現に自分も購入したのですが…。
    Y’sインフォメーションデスクはなぜそんなことをおっしゃるのか…?

クチコミを投稿する(クチコミ以外は全て任意項目です)