ファショコン通信

ファショコン通信はブランドやデザイナーの観点からファッションとモードを分析するファッション情報サイトです

トムフォード:TOM FORD


トムフォードのブランド情報

  • 2005年に創立したアメリカのファッションブランド。
  • 創立者はトム・フォード(Tom FORD)。トム・フォードは1962年8月27日、アメリカのテキサス州に生まれる。パーソンズ・スクール・オブ・デザインを卒業。1988年からペリー・エリス(PERRY ELLIS)の下で腕を磨き、1990年にグッチ(GUCCI)のレディースウェアのデザインスタッフに加わる。1994年、グッチのクリエイティヴ・ディレクターに就任。以降、「リアルなクロージングをクリーンなスタイルで表現する」をコンセプトとしてグッチの最盛期を創りあげ、グッチ新宿等のメガブティックの設計にも携わる等、マルチな活躍を展開した。1995年、VH-1(VH-1 Fashion and Music Awards)のファッションズ・フューチャー・ベスト・ニュー・デザイナー賞を受賞。1996年、VH-1 メンズウェア・アンド・ウィメンズウェア・デザイナー・オブ・ザ・イヤーを受賞。1999年、VH-1 ウィメンズ・デザイナー・オブ・ザ・イヤーを受賞。2001 S/S より、イヴ・サンローラン リヴ・ゴーシュ(Yves Saint Laurent rive gauche)のクリエイティヴ・ディレクターに就任。2003年11月、同ブランドのクリエイティヴ・ディレクターを辞任。
  • 2005年4月、グッチ時代のパートナーでもあるドメニコ・デソーレと共にトム・フォード(TOM FORD)社を設立し、エスティ・ローダー(ESTEE LAUDER)とのコラボレートである「トム・フォード・フォー・エスティ・ローダー(Tom Ford for ESTEE LAUDER)」を発表。同年、マルコリン・グループと眼鏡フレーム及びサングラスの製造販売契約を締結。
  • 2006年、エルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna)グループと「トム・フォード」のプレタポルテとオーダーメイド紳士服、洋品、靴の世界市場での製造販売ライセンス契約を締結。同ブランドは 2006-2007 A/W より、米国内のみでの販売が開始された。
  • 2007年11月14日、トム・フォード・ジャパンを設立。
  • 2008年、CFDA(米国ファッションデザイナー協議会、The Council of Fashion Designers of America)から「メンズウェア・デザイナー・オブ・ザ・イヤー(Menswear Designer of The Year)」を授与される。
  • 2008 S/S より、新ラインである「スペンサー」をスタート。
  • 2009年、長編映画である「ア・シングルマン(A SINGLE MAN)」を初監督。どう作品は自主制作映画であり、原作はクリストファー・イシャーウッド。
  • 2009年8月、東京・新宿の伊勢丹新宿店に東京初のメンズウェアのショップをオープン。メンズ館のオーダーフロアのショップ・イン・ショップとして、メンズウェアのフルラインとオーダーメイドサービスを展開。
  • 2010年、中国・上海にショップをオープン。総売場面積は約160平方メートル。
  • 2010年7月、中国・上海にショップをオープン。総売場面積は約185平方メートル。
  • 2011 S/S より、レディースウェアラインをスタート。ブランドターゲットは25歳~75歳の女性。
  • 2014年6月、CFDAから功労賞(GEOFFREY BEENE LIFETIME ACHIEVEMENT AWARD)を授与される。
  • 2014年7月、東京・新宿の伊勢丹新宿店本館1階ザ・ステージで、トム・フォードのアイコンバッグコレクションである「ALIX」の2014-2015 A/W 秋冬新作スペシャルイベントを開催。
  • 2015-2016 A/W より、ロサンゼルスでレディースコレクションを発表。

トムフォードの公式サイト

トムフォードの公式SNS

https://twitter.com/
https://twitter.com/
https://www.facebook.com/109068429178457

https://www.instagram.com/

トムフォードの商品を検索

日本国内の大手オンラインショッピングモール

日本国内の大手ファッション通販サイト

日本配送対応のアメリカ大手オンラインショッピングモール

日本配送対応のヨーロッパ大手ファッション通販サイト

日本配送対応のイギリス大手ファッション通販サイト

日本配送対応の北アメリカ大手ファッション通販サイト

個人輸入・海外通販のやり方・方法

日本への配送に対応している海外のショッピングサイトを利用した、個人輸入・海外通販のやり方・方法については、下記のページで詳しく解説しています。

個人輸入や海外通販のやり方を画像付きで詳しく解説!

200以上の国内・海外通販サイトを一括検索

「トムフォード」を200以上の国内外の通販サイトで一括して検索する

トムフォード:TOM FORD」のクチコミ(11件)

クチコミ機能の使い方

  1. ■コメント入力ボックスをクリックすると、投稿フォームが開きます。クチコミ内容以外は全て任意入力です。クチコミのみを入力して送信ボタンを押すことで投稿できます。名前やメールアドレスを入力して送信することもできます。
  2. ■WordPress、Google+、Twitter、Facebookでログインして投稿すると、各アカウントに設定した表示名やアイコンでクチコミを投稿できます。投稿したクチコミ内容が連動してSNSに投稿されることはありません。
  3. ■フォーム内のチェックボックスにチェックをすると、名前やメールアドレス等を記憶させることができます。
  4. ■「返信」ボタンを押すと、そのクチコミスレッドに返信できます。返信を追加しても、そのスレッド全体がクチコミリストの先頭に表示されることはありません。

  1. >2009.03.02(Mon) 21:51:42 とあるトムフォード好き
    私も、岸店長のファンです。安心して接客してもらえますね。

  2. 阪急百貨店5階にあるトムフーォードに何回か行ったのですが、いつも店に人は居なく奥で
    スタッフの方が、お話しをしておられて、私にはきずかれないのです。皆さんも行かれて見てはいかがですか?きっときずかれないでしょう。
    私は、二度と行くことは有りません。
    日本のトムフーォードは三流ブラントなんですね!

  3. 銀座三越6階トムフォードのスタッフの接客態度は完璧です!特に女性スタッフのストー純子さんには脱帽です。モデル以上の容姿端麗、商品知識が豊富で決して押し売りせずコーディネートしてくれます。是非、至福のひと時を送りに行ってみてはいかがですか。
    同じ三越銀座7階のバーバリーの男性店長の接客も素晴らしかったです。

  4. 楽しみにしていたのに、あの接客態度は、実に不愉快です。わざわざ、店舗を臨時休業にしスタッフと出かけたのに、梅田阪急は、いかなる基準で従業員を雇用しているのか。思い出すたびに腹立たしくなります。ひょっとして、日本人じゃなかったのかも。しかし、天下のトムと信奉していたのも、一挙に醒めてしまいました。思い出すたびに、血圧が10度は上がっています。

  5. 全く同感です。メンズ館はよく利用しますが、ヤツのお陰でトムフォード自体がイヤになりました。なに様やっ!!

  6. 先日、友人男性がトムフォードのフレグランスをしていて とてもよい香りだったので、早速 梅田阪急メンズ館に立ち寄りましたが
    店員男性の対応の横柄さに購買を辞めました。。。
    トムフォードの看板を背負っている意識レベルの低さに辟易しましたね!

  7. 洋服とは全く関係ありませんが、東京国際映画祭で、氏の『シングルマン』を観て、映像があまりにも美しく、ストーリーも素晴らしく、もう本当に、いたく感動しまくっています。何としても、もう一度見たいので、日本での上映とDVD化を切に願っております。あの優れた美的、芸術的感覚が、洋服や装飾品に現れているんだと思います。
    とにかく、あの映画のことで、頭が一杯です。よろしくお願い致します。

  8. 私もこなぃだ、メンズ館のトムフォード に見に行き 購入したのですが、販売員の岸さんとおっしゃられる方が接客してくれたのですが、すっごく親切で言葉遣いも丁寧でおまけにセンスもルックスもよくて、ファンになってしまいました。トムフォードに行くときは必ず岸さんに接客してもらいたいなぁ。

  9. GUCCI時代のトムフォードが好きで欲しい物があったので阪急メンズ館に電話したら最初の人は対応が非常に良かったけど2回目に電話で話した人は「早く見に来ないと売れますよ。」と煽るわ、焦らすわであまり良い対応ではなかった。これだけの物を買うお客はそれなりのポリシーとテイストがあるでそんな言葉で焦って買いませんよ。別にトムフォードだけがブランドじゃないからね。興冷めしました。スーツ・ジャケット買う予定だったけどR・カバリ買う事ににしよ~っと・・・・

クチコミを投稿する(クチコミ以外は全て任意項目です)