ファショコン通信

ファショコン通信はブランドやデザイナーの観点からファッションとモードを分析するファッション情報サイトです

トムブラウン:THOM BROWNE.


トムブラウンのブランド情報

  • 2001年に創立したアメリカのファッションブランド。
  • 創立者はトム・ブラウン(Thom BROWNE)。
  • トム・ブラウンは1965年、アメリカのペンシルベニア州に生まれる。インディアナ州ノートルダム大学で経営学を専攻。俳優を目指し、カリフォルニア州に住んでいたこともある。1995年、デザイン活動を開始。ジョルジオ・アルマーニ(GIORGIO ARMANI)ラルフ・ローレン(Ralph Lauren)を経た。
  • 2001-2002 A/W より、カスタムメイドのスーツラインである「トムブラウン(THOM BROWNE.)」をスタート。
  • 2003-2004 A/W より、ニューヨークコレクションに参加。
  • 2004 S/S より、プレタポルテをスタート。
  • 2006年、CFDA(米国ファッションデザイナー協議会、The Council of Fashion Designers of America)から「メンズウェア・デザイナー・オブ・ザ・イヤー(Menswear Designer of The Year)」を授与される。
  • 2007-2008 A/W より、「ブラックフリース・バイ・ブルックスブラザーズ(BLACK FLEECE by Brooks Brothers)」を手掛ける。
  • 2007年、ハリー・ウィンストン(HARRY WINSTON)のメンズコレクションである「Harry Winston Men by Thom Browne」を手掛けた。
  • 2007年、レディースウェアラインを本格スタート。
  • 2006-2007 A/W には、ニューヨークコレクションにランウェイデビュー。
  • 2009-2010 A/W より、モンクレール(MONCLER)のメンズのファーストラインである「ガム・ブルー(Gamme Bleu)」のクリエイティヴ・ディレクターを務める。
  • 2009年、1994年2月設立の株式会社クロスカンパニー(CROSS COMPANY CO., LTD.)と資本提携し、トム・ブラウン・ジャパン社を設立。
  • 2010年6月、パリコレクションに参加。
  • 2010年2月15日、大阪・阪急百貨店梅田本店に期間限定ショップをオープン。
  • 2011 S/S より、レディースウェアラインを本格スタート。
  • 2011年秋、ディタ(DITA)とコラボレートし、アイウェアラインを発表。福井・鯖江にファクトリーを持つディタが日本製のアイテムを生産・販売。
  • 2013年3月、東京・南青山に旗艦店である「トム ブラウン ニューヨーク 青山 (THOM BROWNE. NEW YORK AOYAMA)」をオープン。総売場面積は約418平方メートル。アメリカ以外では初の旗艦店となる。
  • 2012-2013 A/W には、ヤングバージョンである「トム・グレイ」のカプセルコレクションを発表。バーニーズニューヨーク(BARNEYS NEW YORK)ハロッズ(Harrods)、ソウルのギャラリア、香港と北京のアイティーブティックで限定展開。
  • 2016 S/S より、ザ・ウールマーク・カンパニーと2シーズンに渡るパートナーシップ契約を締結。メリノウールを用いたアイテムを展開。クールウールの品質基準を満たした製品を導入したコレクションを展開するアメリカのデザイナーとしては、トムブラウンが初となる。
  • 2016年6月6日、CFDAから「メンズウェア・デザイナー・オブ・ザ・イヤー」を授与される。

トムブラウンの公式サイト

トムブラウンの公式SNS


https://twitter.com/
https://www.facebook.com/30294997460
https://www.instagram.com/thombrowneny

トムブラウンの店舗

トムブラウンの商品を検索

日本国内の大手オンラインショッピングモール

日本国内の大手ファッション通販サイト

日本配送対応のアメリカ大手オンラインショッピングモール

日本配送対応のヨーロッパ大手ファッション通販サイト

日本配送対応のイギリス大手ファッション通販サイト

日本配送対応の北アメリカ大手ファッション通販サイト

個人輸入・海外通販のやり方・方法

日本への配送に対応している海外のショッピングサイトを利用した、個人輸入・海外通販のやり方・方法については、下記のページで詳しく解説しています。

個人輸入や海外通販のやり方を画像付きで詳しく解説!

200以上の国内・海外通販サイトを一括検索

「トムブラウン」を200以上の国内外の通販サイトで一括して検索する

トムブラウン:THOM BROWNE.」のクチコミ(5件)

クチコミ機能の使い方

  1. ■コメント入力ボックスをクリックすると、投稿フォームが開きます。クチコミ内容以外は全て任意入力です。クチコミのみを入力して送信ボタンを押すことで投稿できます。名前やメールアドレスを入力して送信することもできます。
  2. ■WordPress、Google+、Twitter、Facebookでログインして投稿すると、各アカウントに設定した表示名やアイコンでクチコミを投稿できます。投稿したクチコミ内容が連動してSNSに投稿されることはありません。
  3. ■フォーム内のチェックボックスにチェックをすると、名前やメールアドレス等を記憶させることができます。
  4. ■「返信」ボタンを押すと、そのクチコミスレッドに返信できます。返信を追加しても、そのスレッド全体がクチコミリストの先頭に表示されることはありません。

  1. いよいよコマーシャルラインとコレクションラインが分離してきたと
    思ったら、遂にしょうもないディフュージョンラインが出てきた。
    本家もダサくなってきてるのに、冗談みたいなこと始めたな。
    もうこのブランドダメかも・・・。
    さっそく、ラブレスからは切られてるし。

  2. しょうもないスエットやポロシャツの値段上げすぎ。コレクションの費用を稼ぎたいのは分かるけど、2011 a/wからの価格設定はおかし過ぎ。
    一流メゾンと勘違いしてやしないか・・・。こんな事やってると、先行きが心配。クロス、しっかりしろよ!

  3. トムブラウン大好きです。特にシャツが好きですね。でも日本にはサイズが3までしかはいってきていないので、自分には少し小さめです。できれば4か5も入れてほしいです。

クチコミを投稿する(クチコミ以外は全て任意項目です)