ファショコン通信

ファショコン通信はブランドやデザイナーの観点からファッションとモードを分析するファッション情報サイトです

シロマ:SHIROMA


シロマのブランド情報

  • 2010年に創立した日本のファッションブランド。
  • デザイナーは城間志保(Shiho SHIROMA)。
  • 城間志保は1981年に生まれる。大手企業にて海外ライセンスブランドのデザイン・企画を経て2007年に独立。同年、デザインオフィスを開設。
  • 2010 S/S より、パリで展示会をスタート。
  • 2010-2011 A/W より、「SHIROMA」を本格的にスタート。
  • 2012 S/S には、東京コレクション期間中に初めてランウェイ形式でコレクションを発表。2012 S/S のテーマは「ETERNAL LIMITEDS(永遠に続く存在)」。未来的であることがひとつの要素だが、いわゆる未来を思い描いたものではなく存在しては無くなるもの、その繰り返しとしてその先にただ単に未来があるということを指す。懐古的な未来感やそれに対しての無常観、空虚で不安定な存在を「未来×ヴィンテージ」で表現しているが、相反するものを合わせているわけではなく、未来の中にヴィンテージが存在し、ヴィンテージの中に未来が存在することを表現しているのだそうだ。そのテーマを反映した、ディアスキンを極限まで薄くすき、特殊な加工で仕上げた素材を、複雑なパターンを組み合わせて作るシリーズのアイテムが特に印象的。繊細に青白く、幾何学的な柄に染め上げた革や箔加工やヴィンテージ加工を施した革等、ディアスキンにしか出せない表情を活かしたアイテム作りが特筆すべき点であった。その他、細かな幾何学模様のプリントのロングジャケットやジップブルゾン、飾り編みが施されたグレーのニットも、前で結ぶことでシルエットが変化させられるようになっていたり、複雑なパターンで構成されていたりしており、いずれも深い構成力を窺わせるアイテムであった。また、このブランドのアイテムは独特の「強いユニセックス感」を意識しているそうで、同じアイテムを男性と女性が着用した場合でもそれぞれ全く異なった雰囲気になり、男性が着用すると男性らしく、女性が着用する女性らしくなるのが印象的であった。コレクション記事「2012ss、SHIROMA展示会。」(「peaceful child」より)。
  • 2013 S/S のテーマは「LIGHTNING TRIP」。コレクション記事「2013ss,SHIROMAのコレクション。」(「peaceful child」より)。
  • 2014-2015 A/W のテーマは「SACRED LIZARD」。イメージソースは恐竜だそうで、テキスタイルやパターン、シルエット等で恐竜を想起させるディテールが散りばめられていた印象。コレクション記事「SHIROMA 2014-2015 A/W 展示会レポート」。
  • 2014年6月11日、「2014 Tokyo新人デザイナーファッション大賞」プロ部門のビジネス支援デザイナーに選出される。
  • 2014年10月21日から10月23日まで、合同展示会である「PR01. TRADE SHOW TOKYO」に出展。プレスリリース「PR01. TRADE SHOW 出展ブランド特集 注目のレディースブランドをピックアップ!」。

シロマの公式サイト

シロマの公式SNS

https://twitter.com/

https://www.facebook.com/
https://www.instagram.com/shiroma_official

シロマの商品を検索

日本国内の大手オンラインショッピングモール

日本国内の大手ファッション通販サイト

日本配送対応のアメリカ大手オンラインショッピングモール

日本配送対応のヨーロッパ大手ファッション通販サイト

日本配送対応のイギリス大手ファッション通販サイト

日本配送対応の北アメリカ大手ファッション通販サイト

個人輸入・海外通販のやり方・方法

日本への配送に対応している海外のショッピングサイトを利用した、個人輸入・海外通販のやり方・方法については、下記のページで詳しく解説しています。

個人輸入や海外通販のやり方を画像付きで詳しく解説!

200以上の国内・海外通販サイトを一括検索

「シロマ」を200以上の国内外の通販サイトで一括して検索する

クチコミを投稿する(クチコミ以外は全て任意項目です)