ファショコン通信

ファショコン通信はブランドやデザイナーの観点からファッションとモードを分析するファッション情報サイトです

まとふ:matohu


まとふのブランド情報

  • 2005年に創立した日本のファッションブランド。
  • 創立者は関口真希子(Makiko SEKIGUCHI)と堀畑裕之(Hiroyuki HORIHATA)。
  • 関口真希子は杏林大学と文化服装学院アパレルデザイン科を卒業。
  • 堀畑裕之は同志社大学修士課程を卒業。1998年、文化服装学院アパレルデザイン科を卒業。同年卒業に宮前義之、廣川玉枝(Tamae HIROKAWA)古館都(Iku FURUDATE)キャバレー・アキ(CABARET AKI)がいる。
  • 2003年、共に渡英し、ボラ・アクス(bora aksu)で働く。
  • 2005年3月、帰国し、株式会社LEWS纏(LEWSTEN co., ltd.)を設立。「まとふ(matohu)」をスタート。「まとふ」と書いて「まとう」と読む。ブランドコンセプトは「日本の美意識が通底する新しい服の創造」。最初の5年間10シーズンに渡り「慶長の美」を大テーマに「織部」「志野」「かぶき者」等の慶長年間(1596年~1615年)の精神を服の造形に活かしたコレクションを発表。
  • 2006年3月、東京コレクションにデビュー。
  • 2009年、第27回毎日ファッション大賞新人賞・資生堂奨励賞を受賞。
  • 2010年より、「日本の眼」をテーマに、固有の美意識を現代に生かす服作りをさらに先鋭的に展開。
  • 2011年、東京・神宮前に初の直営店をオープン。
  • 2011年、東京のスパイラルガーデンと熊本の熊本市現代美術館で「matohu 慶長の美」展を開催。
  • コレクション記事「2012ss、matohuのコレクション。」(「peaceful child」より)
  • コレクション記事「2012-13aw、matohuのコレクション。」(「peaceful child」より)
  • 2012年7月21日から11月25日まで、金沢21世紀美術館で「matohu 日本の眼 – 日常にひそむ美を見つける」展を開催。展覧会限定の特製バッグや貴重なアーカイブの長着等がミュージアム・ショップで販売され、9月1日から9月12日まで、「matohu 期間限定ショップ in 金沢21世紀美術館」に拡大。
  • 2012年8月15日、国際交流基金の招きで、ブラジル・ファッションウィークにゲスト参加。ファッションショーを発表。
  • 2012年8月、初の書籍である「言葉の服 – 歴史 -」を発表。本体2850円、初版1500部限定。
  • コレクション記事「2013ss,matohuのコレクション。」(「peaceful child」より)

まとふの公式サイト

まとふの公式ブログ

http://www.matohu.com/news/index.xml

まとふの公式SNS


https://twitter.com/
https://www.facebook.com/138951129511219
https://www.instagram.com/

まとふの店舗

まとふの商品を検索

日本国内の大手オンラインショッピングモール

日本国内の大手ファッション通販サイト

日本配送対応のアメリカ大手オンラインショッピングモール

日本配送対応のヨーロッパ大手ファッション通販サイト

日本配送対応のイギリス大手ファッション通販サイト

日本配送対応の北アメリカ大手ファッション通販サイト

個人輸入・海外通販のやり方・方法

日本への配送に対応している海外のショッピングサイトを利用した、個人輸入・海外通販のやり方・方法については、下記のページで詳しく解説しています。

個人輸入や海外通販のやり方を画像付きで詳しく解説!

200以上の国内・海外通販サイトを一括検索

「まとふ」を200以上の国内外の通販サイトで一括して検索する

クチコミを投稿する(クチコミ以外は全て任意項目です)