ファショコン通信

ファショコン通信はブランドやデザイナーの観点からファッションとモードを分析するファッション情報サイトです

マンダリナダック:MANDARINA DUCK


マンダリナダックのブランド情報

  • 1977年に創立したイタリアのバッグブランド。
  • 創立者はパオロ・トレント(Paolo TRENTO)とピエトロ・マンナート(Pietro MANNATO)。
  • 1968年、幼馴染であるパオロとピエトロがイタリアのボローニャに会社を創立。
  • 1977年、レザーグッズと旅行用品を展開するブランドである「マンダリナダック(MANDARINA DUCK)」をスタート。ファーストコレクションである「ユーティリティ(UTILITY)」を発表。斬新なほどに鮮やかなカラーリングと革新的なデザイン、軽量性と耐久性を追及した素材感のバッグ。
  • ブランドロゴは、幸福と忠誠心を象徴する「オシドリ」のモチーフ。
  • 1981年、機能とデザインを融合させたラインである「タンク(TANK)」を発表。登山用品に用いられていた丈夫な素材である「Cordura」やランニングシューズにも用いられる軽量素材である「Eva」を用いた。エグゼクティブのビジネスマンに「最も彼らを象徴する商品」として受け入れられた。
  • 1984年、フランス・パリのポンピドゥー・センターにインスパイアされたラインである「システマ(SISTEMA)」を発表。骨組みが外側に見え、内面が外面を支えている構造。
  • 1988年、マンダリナダック初のレザーラインである「HERA」を発表。エレガントで機能的な強い個性を持ったライン。傷が付きにくいレザー使いと光沢感を抑えたメタルパーツが特徴。
  • 1989年、革新的な素材「Mitrix」を用いたラインである「MD20」を発表。ナイロンとポリエステルを使用し、3色の糸が織り込まれた生地で、玉虫色に変化する3D効果が特徴。
  • 1997年、アパレルラインをスタート。
  • 2000年、パリに路面店をオープン。
  • 2002年、イギリス・ロンドンにショップをオープン。
  • 2003年、東京・六本木の六本木ヒルズ内にショップをオープン。
  • 2004年 BMW社の「Mini Cabrio」とコラボレートしたトラベルバッグ・アクセサリー等の商品を展開。
  • 2005年9月、三井物産が日本国内のライセンスを取得。都会の喧騒に囲まれ忙しい毎日を送りながらも、いきいきと生活を楽しむ大人の女性がターゲット。ウェアやグッズ、そしてスポーツアイテムまで幅広く提案。
  • 2006年12月、ソニーバイオ・ヨーロッパ(SONY VAIO Europe)とコラボレートし、ラップトップバッグを展開。
  • 2006-2007 A/W には、「DOUBLE」を発表。機能性とデザイン性で定番商品化。
  • 2007 S/S には、ワイズ(Y’s)とコラボレートし、「ワイズ・マンダリーナ(Y’S MANDARINA)」を展開。
  • 2007年9月、シンガポール株式会社がアパレルラインのライセンスを取得。
  • 2007-2008 A/W より、日本発のレディースアパレルラインの製造・販売を開始。
  • 2007年12月 Alcatel Cellular Phonesとコラボレートした携帯電話を発売。
  • 2011年7月、韓国最大手のライフスタイル企業グループであるイーランド(E-Land Group)に買収される。

マンダリナダックの公式サイト

マンダリナダックの公式SNS


https://twitter.com/
https://www.facebook.com/113639898663622
https://www.instagram.com/mandarinaduckit

マンダリナダックの商品を検索

日本国内の大手オンラインショッピングモール

日本国内の大手ファッション通販サイト

日本配送対応のアメリカ大手オンラインショッピングモール

日本配送対応のヨーロッパ大手ファッション通販サイト

日本配送対応のイギリス大手ファッション通販サイト

日本配送対応の北アメリカ大手ファッション通販サイト

個人輸入・海外通販のやり方・方法

日本への配送に対応している海外のショッピングサイトを利用した、個人輸入・海外通販のやり方・方法については、下記のページで詳しく解説しています。

個人輸入や海外通販のやり方を画像付きで詳しく解説!

200以上の国内・海外通販サイトを一括検索

「マンダリナダック」を200以上の国内外の通販サイトで一括して検索する

One thought on “マンダリナダック:MANDARINA DUCK

クチコミ機能の使い方

  1. ■コメント入力ボックスをクリックすると、投稿フォームが開きます。クチコミ内容以外は全て任意入力です。クチコミのみを入力して送信ボタンを押すことで投稿できます。名前やメールアドレスを入力して送信することもできます。
  2. ■WordPress、Google+、Twitter、Facebookでログインして投稿すると、各アカウントに設定した表示名やアイコンでクチコミを投稿できます。投稿したクチコミ内容が連動してSNSに投稿されることはありません。
  3. ■フォーム内のチェックボックスにチェックをすると、名前やメールアドレス等を記憶させることができます。
  4. ■「返信」ボタンを押すと、そのクチコミスレッドに返信できます。返信を追加しても、そのスレッド全体がクチコミリストの先頭に表示されることはありません。

  1. 名古屋の駅近くか、栄付近で・・・デパートなんかでマンダリナダックのバックを取り扱ってるのを知っていたら教えてください。。。

クチコミを投稿する(クチコミ以外は全て任意項目です)