ファショコン通信

ファショコン通信はブランドやデザイナーの観点からファッションとモードを分析するファッション情報サイトです

リーバイス:Levi’s


リーバイスのブランド情報

  • 1853年に創立したアメリカのジーンズブランド。
  • 創立者はリーバイ・ストラウス(Levi STRAUSS)。
  • 1873年、ポケットの底を補強する当て布を縫い付けたステッチとしてアーキュエットステッチが誕生。
  • 1873年5月20日、キャンバス地をリベットで補強したパンツに関する特許の申請が受理される。
  • 1886年、ツーホースマーク入りのかレザーパッチを導入。
  • 1890年、ロットナンバー「501」を発表。
  • 1905年、ツーホースマークが日本で商標登録。
  • 1915年、コーンミルズ社のデニム生地を採用。
  • 1936年、他社製品との差別化を図るため、レッドタブを考案。
  • 1943年、アーキュエットステッチを商標登録。
  • 1962年、カジュアルウェアラインである「ホワイトリーバイス(WHITE LEVI’S)」を発表。
  • 1967年、全ての品番を変更。
  • ジュンヤワタナベ・コムデギャルソン(JUNYA WATANABE COMME des GARCONS)とコラボレートしたジーンズも発表。
  • 2000年、革新的なプロダクトを打ち出すプロジェクトとして「リーバイス・レッド(LEVI’S RED)」をスタート。同ブランドはリッキー・コフが立ち上げた。リッキー・コフは初期のデザインに携わった後、リーバイス社を退社。
  • 2005-2006 A/W より、ハンプシャー・デザイナーズとライセンス契約を締結し、レディースニットのコレクションをスタート。デザインはリーバイスのクリエイティヴ・ディレクターであるアレクサンダー・ステパニウクが手掛けた。
  • 2006 S/S より、リーバイス・レッドがリーバイ・ストラウス ジャパン株式会社(Levi Strauss Japan K.K.)による企画・生産に移行。再度、リッキー・コフとデザイナー契約を締結。
  • 2007-2008 A/W より、メンズのストリートスタイルの新ラインである「リーバイス・レッドタブ・ジーンズ(Levi’s Red Tab)」を展開。
  • 2008年、エンジニアードガーメンツ(Engineered Garments)とコラボレートしたアイテムを発表。501のジーンズや507のGジャン等、8型を展開。
  • 2008年、現代美術家ダミアン・ハーストとコラボレートし、スカルモチーフをあしらったラインを発表。
  • 2009年3月20日、ダミアン・ハーストがペイントしたジーンズを250万円で販売。
  • 2010年、東京・原宿に路面店である「リーバイス・ビンテージ・クロージング・ストア」をオープン。総売場面積は約150平方メートル。
  • 2012年5月11日、フランス・パリのシャンゼリゼ通りに欧州最大の旗艦店をオープン。総売場面積は650平方メートル。
  • 2012 S/S より、リーバイ・ストラウスジャパンが自転車向け新ラインである「リーバイス・コミューター」を発表。
  • 2011-2012 A/W には、「マリリン・モンロー」モデルを復刻発売。
  • 2012年8月4日より、ナイキ(NIKE)とコラボレートし、スケートボード用の高機能ジーンズを展開。
  • 2012年9月28日、東京・新宿に国内最大級となる「リーバイスストア新宿店」をオープン。総売場面積は約266平方メートル。
  • 2013年4月20日より、リーバイ・ストラウスジャパンがビームス(BEAMS)とコラボレートしたジーンズを日本とアメリカで展開。
  • 2013-2014 A/W には、「オレンジタブ」シリーズを復刻展開。
  • 2014-2015 A/W より、リーバイ・ストラウスジャパンが、ダメージ・リペア加工を施した初の「501」ジーンズを展開。
  • 2012年12月11日から2013年1月15日まで、リーバイ・ストラウスジャパンがリーバイスストア新宿店で13人のアーティストがハンドペイントした21着のレザージャケットを展示販売するイベントを開催。
  • 2014年9月より、クロスター及び岩崎と共同し、リーバイスのバッグの製造・販売をスタート。
  • 1971年、ロットナンバー「517」を発表。
  • 2015 S/S より、リーバイ・ストラウスジャパンが細めのテーパードシルエットの「501CT」を展開。
  • 2015年より、古着を回収してリサイクルするプロジェクトである「クロージング・リサイクリング」をスタート。ブランドを問わず、不要になった衣料品をリーバイスストアやアウトレット等で回収し、持参者に割引クーポンを配布。2020年までに世界中の店舗での実施を目指す。リーバイ・ストラウスジャパンは2016年から同プロジェクトをスタート。
  • 2015年3月28日、リーバイ・ストラウスジャパンが501ジーンズに関する資料を掲載した書籍である「ザ・501XX – ア・コレクション・オブ・ビンテージ・ジーンズ(THE 501® XX A COLLECTION OF VINTAGE JEANS)」を発売。

    リーバイスの公式サイト

    リーバイスの公式SNS



    http://levisjapan.tumblr.com/
    https://www.facebook.com/440960722674234
    https://www.instagram.com/levis_japan

    リーバイスの商品を検索

    公式オンラインストア

    日本国内の大手オンラインショッピングモール

    日本国内の大手ファッション通販サイト

    日本配送対応のアメリカ大手オンラインショッピングモール

    日本配送対応のヨーロッパ大手ファッション通販サイト

    日本配送対応のイギリス大手ファッション通販サイト

    日本配送対応の北アメリカ大手ファッション通販サイト

    個人輸入・海外通販のやり方・方法

    日本への配送に対応している海外のショッピングサイトを利用した、個人輸入・海外通販のやり方・方法については、下記のページで詳しく解説しています。

    個人輸入や海外通販のやり方を画像付きで詳しく解説!

    200以上の国内・海外通販サイトを一括検索

    「リーバイス」を200以上の国内外の通販サイトで一括して検索する

  • リーバイス:Levi’s」のクチコミ(2件)

    クチコミ機能の使い方

    1. ■コメント入力ボックスをクリックすると、投稿フォームが開きます。クチコミ内容以外は全て任意入力です。クチコミのみを入力して送信ボタンを押すことで投稿できます。名前やメールアドレスを入力して送信することもできます。
    2. ■WordPress、Google+、Twitter、Facebookでログインして投稿すると、各アカウントに設定した表示名やアイコンでクチコミを投稿できます。投稿したクチコミ内容が連動してSNSに投稿されることはありません。
    3. ■フォーム内のチェックボックスにチェックをすると、名前やメールアドレス等を記憶させることができます。
    4. ■「返信」ボタンを押すと、そのクチコミスレッドに返信できます。返信を追加しても、そのスレッド全体がクチコミリストの先頭に表示されることはありません。

    1. リーバイスのジーンズを買いたいのですが、何処のお店でも35のサイズがありません。(お店のスタッフの言では、リーバイス現在35を作っておらず、34の次は36になってしまうとのこと)
      エドウィンは一応35がありますが、通常のズボンではウエスサイズ88は当たり前!
      ぜひ35のサイズのジーンズを検討してほしい!

    2. 今年の4月下旬に東京の青山で発売されたリーバイス×Fenomのクラッシュデニムなのですが、リーバイスストアでの発売日をご存知の方がいらっしゃいましたら是非教えてください。
      どうしても欲しい(物凄いカッコイイのでどうしても穿きたいのです)のです。
      宜しくお願い致します。

    クチコミを投稿する(クチコミ以外は全て任意項目です)