ファショコン通信

ファショコン通信はブランドやデザイナーの観点からファッションとモードを分析するファッション情報サイトです

キャサリンハムネット:KATHARINE HAMNETT


キャサリンハムネットのブランド情報

  • 1975年に創立したイギリスのファッションブランド。
  • 創立者はキャサリン・ハムネット(Katharine HAMNETT)。キャサリン・ハムネットは1948年、イギリスのケント州グレーブゼントに生まれる。父親は空軍士官。チェルトナム女子高校(Cheltenham Ladies’ College)卒業後、セントラル・セントマーチンズ・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザイン(The London Institute Central Saint Martins College of Art and Design)でデザインを学び、1969年に同校を卒業。
  • 1975年、自身の名前で会社を設立。1979年より本格的にコレクション活動を開始。
  • 1981年、メンズライン「KATHARINE HAMNETT LONDON MENSWEAR」と「KATHARINE HAMNETT DENIM」を発表。
  • 1983年、「酸性雨を止めよう」を始めとする反核や平和運動のスローガンを掲げた「Choose Life」のTシャツのコレクションを発表。
  • 1990-1991 A/W には、「第三世界の負債をなくそう(Cancel the Third World Debt)」と題し、この題材に関する詳しい情報を配布。また、ニューヨークで従来の綿栽培に関する講演を行い、ペスティサイド・トラスト(Pesticides Trust。現ペスティサイド・アクション・ネットワーク ヨーロッパ支部)と共に、綿の栽培に使われる農薬に関する研究と教育プログラムである「Environmental Cotton 2000」を立ち上げる。さらに、ロンドンのアルメイダ劇場でのランバートバレエ団(Ballet Rambert)による「Strong Language」と、三島由紀夫の「サド公爵夫人」の衣装をデザイン。
  • 1991 S/S には、「2000年までのグリーン・コットン(Green Cotton by the Year 2000)」と題し、「Environmental Cotton 2000」のプログラムの方針を反映。現在、このプログラムは、ペスティサイド・トラストの「持続可能なコットンプログラム」へと進化。同年、湾岸戦争のため、ランウェイショーを行わず、代わりに「Katharine Hamnett – The Movie」を製作し、パリで公開。主演はナオミ・キャンベル(Naomi CAMPBELL)、監督はエレーン・ヴォン・アンワース(Ellen Von UNWERTH)。
  • 1994 S/S には、レディースウェアコレクションを初めてミラノで発表。
  • 1994年、エイズのチャリティーイベントである「愛のキルト(The Quilts of Love)」に参加。ヤーゲン・テラー(Juergen TELLER)が撮影した1994年度の広告キャンペーンが、Marie Claire/IGEDOの「Fashion Advertising in Germany」賞を受賞。
  • 1997 S/S には、「チベットを救おう(SAVE THE TIBET)」(ダライ・ラマの為に)、「世界中が核反対(WORLDWIDE NUCLEAR BAN NOW)」と題し、環境問題を提案。1997-1998 A/W では「政府に訴えるのはあなた自身の責任(It’s your RESPONSIBILITY)」(阪神大震災にて犠牲となった人たちの住宅問題に関して)と題し、社会問題を提案。
  • 2001年4月、代官山にフラッグシップショップをオープン。
  • 2003年、「キャサリン・E・ハムネット」を発表。ブランド名の由来は、デザイナーのミドルネームの頭文字であると共に、「環境(environment)」や「倫理(ethic)」の頭文字。
  • 2009年、1949年12月1日設立の伊藤忠商事株式会社(ITOCHU Corporation)とアジアでの総代理店契約を締結。
  • 2009-2010 A/W より、クラウン製靴とサブライセンス契約を締結し、キャサリン・E・ハムネットのシューズを発表。
  • 2016年5月9日より、リバースプロジェクトとコラボレートし、エシカルなライフスタイルを提案するアイテムを展開。2015年5月9日から5月24日まで、東京・新宿の伊勢丹新宿店トーキョー解放区に「キャサリン・ハムネット・ラボ X リバースプロジェクト・ポップアップストア」をオープン。
  • 他、オーガニックコットン等を開発する「WAYS SHOP with KATHARINE HAMNETT」等、環境・政治・女性・平和・非戦等に強い関心を持つ社会派デザイナーで、常にメッセージ性の高いコレクションを発表している。

キャサリンハムネットの公式サイト

キャサリンハムネットの公式SNS



https://www.facebook.com/120665338003431
https://www.instagram.com/

キャサリンハムネットの商品を検索

日本国内の大手オンラインショッピングモール

日本国内の大手ファッション通販サイト

日本配送対応のアメリカ大手オンラインショッピングモール

日本配送対応のヨーロッパ大手ファッション通販サイト

日本配送対応のイギリス大手ファッション通販サイト

日本配送対応の北アメリカ大手ファッション通販サイト

個人輸入・海外通販のやり方・方法

日本への配送に対応している海外のショッピングサイトを利用した、個人輸入・海外通販のやり方・方法については、下記のページで詳しく解説しています。

個人輸入や海外通販のやり方を画像付きで詳しく解説!

200以上の国内・海外通販サイトを一括検索

「キャサリンハムネット」を200以上の国内外の通販サイトで一括して検索する

キャサリンハムネット:KATHARINE HAMNETT」のクチコミ(2件)

クチコミ機能の使い方

  1. ■コメント入力ボックスをクリックすると、投稿フォームが開きます。クチコミ内容以外は全て任意入力です。クチコミのみを入力して送信ボタンを押すことで投稿できます。名前やメールアドレスを入力して送信することもできます。
  2. ■WordPress、Google+、Twitter、Facebookでログインして投稿すると、各アカウントに設定した表示名やアイコンでクチコミを投稿できます。投稿したクチコミ内容が連動してSNSに投稿されることはありません。
  3. ■フォーム内のチェックボックスにチェックをすると、名前やメールアドレス等を記憶させることができます。
  4. ■「返信」ボタンを押すと、そのクチコミスレッドに返信できます。返信を追加しても、そのスレッド全体がクチコミリストの先頭に表示されることはありません。

  1. 草加店にも、バッグの商品をおいてください
    おねがいします

  2. 1年前に商品を購入したので、時効かもしれませんが、革のパンツを購入しました。冬に履く機会がなく今年は早めに着ようと品物を見ると、小さなアナがたくさんあります。2つ折にして購入した時のまましまっておりましたが、内側が一面に穴だらけ。ビックリして、購入したお店に行きましたが、アウトレット店での購入では、「返品・交換はだめで、ましてや昨年の購入ですので、、、」と言われて。同じ商品はいまだ、ハンガーに掛かっておりました。購入してすぐに履けばよかった。未着用でこんなになるなんて、、、、残念!。もう少し丁寧な対応を、説明をしてください。

クチコミを投稿する(クチコミ以外は全て任意項目です)