ファショコン通信

ファショコン通信はブランドやデザイナーの観点からファッションとモードを分析するファッション情報サイトです

デザインコンプリシティ:Design Complicity


デザインコンプリシティのブランド情報

  • 2011年に創立した日本のファッションブランド。
  • デザイナーは小暮史人(Fumito KOGURE)。
  • 小暮史人はアンリアレイジ(ANREALAGE)でチーフパタンナーを3年間務めた。
  • 服を通じて、誰かの生活をデザインすることを目的とし、プロダクトデザインとしての服作りを提案。
  • 2012 S/S には、roomsLINKに初参加。2012 S/S のテーマは「Sunlight a series of LIFE vol.2」。2シーズン目となる今シーズンは、木漏れ日をイメージしたアイテムを主に発表。象徴的なアイテムであった日傘は、太陽の下でさすと洋服に木漏れ日が映り込むデザイン。まるで木の下にいるように感じられるアイテムで、ビニール傘であるのにもかかわらず日傘であるという位置付けも含めてユニークであった。襟が洋服に溶け込むように一体になったデザインも特徴的。他にも木目をプリントしたカットソー等、自然をイメージしたデザインのアイテムが多い印象であった。コレクション画像「Design Complicity 2012SS」。コレクション記事「2012ss、Design Complicityの展示会。」(「peaceful child」より)。
  • 2013 S/S コレクション画像「Design Complicity 2013SS」。
  • 2014-2015 A/W のテーマは「the light」。全体として、曲線のディテールが柔和なイメージを醸し出しているコレクションであった。コレクション記事「Design Complicity 2014-2015 A/W 展示会レポート」。
  • 2014年6月9日から7月16日まで、東京・新宿の新宿ルミネ2・2Fにおいて、株式会社ルミネが手掛ける、次世代のファッションビジネスを担うブランドや若手デザイナー支援のプロジェクトとしてのルミネ独自のオンリーショップである「ルミネ ザ カルチェラ(LUMINE THE QUARTIER-LA)」に出店。
  • 2014年8月13日から8月25日まで、東京・新宿の伊勢丹新宿店本館2階TOKYO解放区で開催されたイベントである「トーキョーニューベーシック ニュースタンダード」に参加。
  • 2015 S/S コレクション画像「Design Complicity 2015SS」。

デザインコンプリシティの公式サイト

デザインコンプリシティの公式SNS


https://www.facebook.com/1458042131128607
https://www.instagram.com/design_complicity/

デザインコンプリシティの商品を検索

日本国内の大手オンラインショッピングモール

日本国内の大手ファッション通販サイト

日本配送対応のアメリカ大手オンラインショッピングモール

日本配送対応のヨーロッパ大手ファッション通販サイト

日本配送対応のイギリス大手ファッション通販サイト

日本配送対応の北アメリカ大手ファッション通販サイト

個人輸入・海外通販のやり方・方法

日本への配送に対応している海外のショッピングサイトを利用した、個人輸入・海外通販のやり方・方法については、下記のページで詳しく解説しています。

個人輸入や海外通販のやり方を画像付きで詳しく解説!

200以上の国内・海外通販サイトを一括検索

「デザインコンプリシティ」を200以上の国内外の通販サイトで一括して検索する

One thought on “デザインコンプリシティ:Design Complicity

クチコミ機能の使い方

  1. ■コメント入力ボックスをクリックすると、投稿フォームが開きます。クチコミ内容以外は全て任意入力です。クチコミのみを入力して送信ボタンを押すことで投稿できます。名前やメールアドレスを入力して送信することもできます。
  2. ■WordPress、Google+、Twitter、Facebookでログインして投稿すると、各アカウントに設定した表示名やアイコンでクチコミを投稿できます。投稿したクチコミ内容が連動してSNSに投稿されることはありません。
  3. ■フォーム内のチェックボックスにチェックをすると、名前やメールアドレス等を記憶させることができます。
  4. ■「返信」ボタンを押すと、そのクチコミスレッドに返信できます。返信を追加しても、そのスレッド全体がクチコミリストの先頭に表示されることはありません。

  1. とにかく気になるのが、ブランドコンセプトのブレ具合。
    「誰かの生活をデザインすること」を目的とし、「プロダクトデザインとしての服作り」を提案し、「性差を強調しないユニセックスの服作り」を続けている。実際のデザインは異素材を組み合わせた奇をてらったデザインが多い。
    尚、このデザイナーにプロダクトデザイナーとしての知識と経験はない。
    また、アンリアレイジのパタンナー出身だが、そもそも当時アンリアレイジに経験豊富なパタンナーが在籍していなかった為、パターン能力に関しても技術的な裏打ちはない。
    現段階での魅力はほとんどないが、これからを期待したいブランドの一つである。

クチコミを投稿する(クチコミ以外は全て任意項目です)