ファショコン通信

ファショコン通信はブランドやデザイナーの観点からファッションとモードを分析するファッション情報サイトです

bernhard willhelm 2006 S/S コレクションレポート


取材に至るまでの経緯

2005年10月3日、パリの ASPTT Gymnase Bercy にて、ベルンハルトウィルヘルム(bernhard willhelm)の 2006 S/S ショーが催された。このショーは、プレタポルテ・コレクション期間中に公式参加ブランド(ON)として行われたものである。
今回、筆者はパリコレクション期間中にパリに滞在する機会に恵まれ、さらに、知人のファッション業界人の方のお力添えもあって、ショー及びアトリエに招待していただき、事後にバスストップ株式会社の許可を得て記事を書かせていただけることになった。
会場はパリ12区内の体育館であり、15:30 からの開催が予定されていた。ショー開始より少し早めに会場に到着したところ、既に会場前には、開場を待つ来訪者の姿がちらほらと。そして、時が経つにつれて徐々に来訪者が増え、15:40 くらいの開場時には、入口付近の歩道が通行不能になるくらいの行列ができていた。
結局、例によって予定より 1時間近く遅れてのショー開始となった。筆者はこの後、インターコンチネンタルホテルにて 17:30 からの開催が予定されていた、ギャスパーユルケビッチのショーも観る予定だったので、少々焦りつつ、ショー開始を待つこととなった。

ショーの様子

マントをまとった様子
今回のショーのテーマは、「スーパーマン(スーパーウーマン)」。閉塞的で非平和的な世界情勢が取り沙汰される昨今、スーパーマンのように強い心を持てば、きっと平和になり楽しい世の中になるに違いない、といったメッセージを込めているのだそうだ。
テーマがスーパーマンということもあり、ショーではマントをまとったようなアイテムがいくつか登場した。また、蛍光色で虹のように染色したものに沢山の穴を開けた Tシャツや、八つ裂きにされたような印象の加工が施されたグレーのデニムパンツ等、ポップな中にも力強さを印象付けるようなアイテムが多かった。
右写真では、鮮やかなブルーのマントをまとったモデルが、颯爽とキャットウォークを闊歩しており、さながらアニメの主人公のごとし、であった。
(マントをまとった様子は右の写真の通り。画像をクリックすると拡大写真を表示します。)
マント付きワンピースの様子
また、今回発表されたアイテムの中で個人的に気になったのは、左の写真のように様々な色の走り描きのようなプリントが施された、白地のワンピースである。美しいドレープの利いたシルエットや軽やかな素材感もさることながら、一見無造作とも思える、色のちりばめ方のユニークさが特に印象的であった。尚、このプリントは、ベルンハルト氏の手描きによるもので、色は普段用いているカラーチャートから引用しているそうである。
ちなみに、このワンピースも背中の部分に別布が付けられていて、それがあたかもスーパーマンのマントのようになっている。この辺りのコンセプトへの関連付けの細かさは、さすが、といった印象である。
(マント付きワンピースの様子は左の写真の通り。画像をクリックすると拡大写真を表示します。)

取材を終えて

ショーの様子
また、今回のショーでは、ベルリンのストリートグラフィックアーティストであるカーステンフォック(Carsten FOCK)のデザインによるプリントの Tシャツも発表された。ファッションはストリートから生まれ、皆の傍にある、という考えから、ストリートアーティストとコラボしたのだそうだ。手描きによる濃淡のはっきりした画法が Tシャツに映え、とてもユニークなアイテムに仕上がっていたのが印象的であった。
ショーの最後には、お馴染みのスーパーマンのテーマを流しつつ、デザイナーのベルンハルト氏が登場。ロンズデールのカットソーにカラフルなマントをまとい、照れからかうつむき加減でキャットウォークを1周するベルンハルト氏。そんな彼に対する来訪者による大きな拍手と共に、ショーは幕を閉じた。
今回のショーも、ベルンハルト氏らしい、ユニーク且つポップなアイテムが多数発表された印象であった。また、ショーのコンセプト作りとコンセプトのアイテムへの関連付けが明確である故に、観る側としては理解しやすく、スッキリと楽しめるショーであったと感じた。
ともあれ、スーパーマンのように強くなったような気持ちになれる服をお探しの方には、2006 S/S のベルンハルトウィルヘルムをお薦めします。
(ショーの様子は右の写真の通り。画像をクリックすると拡大写真を表示します。)

bernhard willhelm、2006SSコレクション。

bernhard willhelmのアトリエ訪問。