まとふ(matohu)

まとふのブランド情報

・2005年に創立した日本のファッションブランド。
・創立者は関口真希子(Makiko SEKIGUCHI)と堀畑裕之(Hiroyuki HORIHATA)。
・関口真希子は杏林大学と文化服装学院アパレルデザイン科を卒業。
・堀畑裕之は同志社大学修士課程を卒業。1998年、文化服装学院アパレルデザイン科を卒業。同年卒業に宮前義之、廣川玉枝(Tamae HIROKAWA)古館都(Iku FURUDATE)キャバレー・アキ(CABARET AKI)がいる。
・2003年、共に渡英し、ボラ・アクス(bora aksu)で働く。
・2005年3月、帰国し、株式会社LEWS纏(LEWSTEN co., ltd.)を設立。「まとふ(matohu)」をスタート。「まとふ」と書いて「まとう」と読む。ブランドコンセプトは「日本の美意識が通底する新しい服の創造」。最初の5年間10シーズンに渡り「慶長の美」を大テーマに「織部」「志野」「かぶき者」等の慶長年間(1596年〜1615年)の精神を服の造形に活かしたコレクションを発表。
・2006年3月、東京コレクションにデビュー。
・2009年、第27回毎日ファッション大賞新人賞・資生堂奨励賞を受賞。
・2010年より、「日本の眼」をテーマに、固有の美意識を現代に生かす服作りをさらに先鋭的に展開。
・2011年、東京・神宮前に初の直営店をオープン。
・2011年、東京のスパイラルガーデンと熊本の熊本市現代美術館で「matohu 慶長の美」展を開催。
・コレクション記事「2012ss、matohuのコレクション。」(「peaceful child」より)
・コレクション記事「2012-13aw、matohuのコレクション。」(「peaceful child」より)
・2012年7月21日から11月25日まで、金沢21世紀美術館で「matohu 日本の眼 - 日常にひそむ美を見つける」展を開催。展覧会限定の特製バッグや貴重なアーカイブの長着等がミュージアム・ショップで販売され、9月1日から9月12日まで、「matohu 期間限定ショップ in 金沢21世紀美術館」に拡大。
・2012年8月15日、国際交流基金の招きで、ブラジル・ファッションウィークにゲスト参加。ファッションショーを発表。
・2012年8月、初の書籍である「言葉の服 - 歴史 -」を発表。本体2850円、初版1500部限定。
・コレクション記事「2013ss,matohuのコレクション。」(「peaceful child」より)

まとふの公式サイト

・matohu
 http://www.matohu.com/

まとふの公式ブログ

まとふの公式SNS

taxis.fukuiさんの写真 https://t.co/XAPwBvWTSl (2016/12/06 23:42:38) [Twitter]

まとふの商品を検索

・まとふの商品を見る・探す ここをクリック
・まとふの商品をYahoo!ショッピングで探す ここをクリック
・まとふの商品をAmazonで見る・探す ここをクリック

まとふの店舗

matohu 表参道本店
東京都渋谷区神宮前5-9-25 1F
03-6805-1597
11:00-20:00
無休

まとふの通販一括検索結果

まとふへのクチコミ・評判

まとふに関するクチコミ情報や質問等を投稿してください。
他のブランドのクチコミを見てみる
クチコミフォーム
おなまえ
クチコミ(URLは「http:」や「https:」等を省略し「//www.〜」等と記述)
Farfetch.com (ファーフェッチ)

世界のブランド情報 | コレクション情報 | プレスリリース集 | 画像ギャラリー | インタビュー記事 | ブランド投票 | 複数通販一括検索

ファショコン通信 公式Facebookページ ファショコン通信 公式Twitter ファショコン通信 公式Google+ページ
Copyright © 1999-2016 fashocon' tsushin All Rights Reserved.