ヘルムートラング(HELMUT LANG)

ヘルムートラングのブランド情報

  1976年に創立したファッションブランド。
  創立者はヘルムート・ラング(Helmut LANG)。ヘルムート・ラングは1956年、オーストリアのウィーンに生まれる。
  1976年、オーストリア・ウィーンにアトリエを設立。
  1986年、フランス・パリのポンピドーセンターで開催された「ウィーン展」でパリ コレクションにデビュー。
  1987年、メンズウェアでもパリプレタポルテ・コレクションにデビュー。
  1996年、ウィーンとミラノと名古屋にショップをオープン。
  1997年、東京とニューヨークにショップをオープン。
  1997年、「ヘルムート・ラング・ジーンズ」を発表。
  1998年、事務所をニューヨークに移転。
  1998-1999 A/W より、「ヘルムート・ラング・シャツ」をスタート。
  1999年、「ヘルムート・ラング・カシミヤ」を発表。
  1999年3月、プラダ(PRADA)にヘルムート・ラング株51%を買収され、プラダ傘下に入る。
  2000年、CFDA(米国ファッションデザイナー協議会、The Council of Fashion Designers of America)から「メンズウェア・デザイナー・オブ・ザ・イヤー(Menswear Designer of The Year)」を授与される。
  2002 S/S より、発表の場をパリに戻す。
  2004年12月、ヘルムート・ラング株の残りの49%もプラダに取得され、プラダの完全子会社となる。
  2005年1月、ヘルムート・ラングがシグネチャブランドのデザイナーを辞任。2006 S/S より、生産を一時中止。ヘルムート・ラングの初期は「ミニマリズムの旗手」と呼ばれ、装飾的な物を省き、透けるナイロンやビニール等、新素材を使ったセクシーかつシンプルな服を好んで作り出した。装飾的なものや技巧的なものを排除し、最小限のミニマルな手法のシャープなスタイルを提案。その後、アンチスポーツウェアのゴージャスを志向し、「アフター・シックスウェア」をコンセプトとしてクチュールイズムを追求。美しいカッティングを施した新しいイヴニングウェア等を展開した。
  2006年3月、プラダ社から株式会社リンク・セオリー・ホールディングス(Link Theory Holdings Co., Ltd.)が商標権を取得。2007 S/S から同社が販売を開始。
  2007 S/S プレコレクションより、マイケル・コロヴォス(Michael COLOVOS)とニコル・コロヴォス(Nicole COLOVOS)夫妻がクリエイティヴ・ディレクターを務める。
  2007年3月17日、東京・南青山の骨董通り沿いに路面店をオープン。
  2007年、レペット(repetto)の創立60年を記念し、同ブランドとコラボレートしたアイテムを発表。
  2010-2011 A/W より、滝沢直己(Naoki TAKIZAWA)がメンズウェアラインのデザイナーに就任。
  2011-2012 A/W を最後に、メンズウェアラインを休止し、成長可能性の高いレディースウェアラインに注力する。
  2012-2013 A/W より、シンプルでありながらも独特で存在感を放つベーシックラインである「ヘルムート(HELMUT)」をリンク・セオリー・ジャパンが展開。

ヘルムートラングの公式サイト

・HELMUT LANG
 http://www.helmutlang.com/

ヘルムートラングの公式SNS

SNS Script Error: code 0102