ハナエモリ(HANAE MORI)

ハナエモリのブランド情報

  1951年に創立した日本のファッションブランド。
  創立者は森英恵(Hanae MORI)。森英恵は1926年、島根県に生まれる。1947年、東京女子大学を卒業。
  1951年、新宿にスタジオ「ひよしや」設立。
  1950年代の日本映画全盛期に、「太陽の季節」、「狂った果実」、「彼岸花」、「秋日和」、「秋刀魚の味」、「四十八歳の抵抗」等、400本にものぼる映画の衣装を手掛けた。
  1954年、東京・銀座にブティック&サロン「ハナヱ・モリ」をオープン。
  1963年、「ヴィヴィド」設立。本格的にプレタポルテ分野に進出。
  1965年、ニューヨークで初の海外コレクション発表。「東洋と西洋の出会い(EAST MEETS WEST)」と評される。
  1967年、ニューヨーク West Point Pepperell Co. と契約、寝具、タオルをデザイン。
  1968年、インド手工芸織物輸出公団とデザイン契約。同公団より「ハナヱ・モリ・メイド・イン・インディア」コレクションを世界に発表。
  1970年、ニューヨークのウォルドルフ・アストリアホテルにブティックをオープン。
  1972年、ロンドンでコレクションを発表。
  1973年、ニューヨーク、セブンスアベニューにショールームをオープン。
  1975年、グレース公妃の招きによりモナコでファッションショー開催。同年、パリで初のショーを開く。
  1976年、ニューヨーク、79丁目にファッションハウスをオープン。
  1977年、パリ・オートクチュール組合に加盟し、パリ アベニューモンテーニュにメゾンをオープン。同年、オートクチュール・コレクションにデビュー。アジア人唯一のパリ オートクチュール正式メンバーとなる。
  1978年、東京・表参道にハナヱ・モリビルをオープン。同年、中国へ招かれ、デザイン指導。中国製ブラウス「ハナヱ・モリ・メイド・イン・チャイナ」を 日本及び世界に向けて発売。
  1985年、パリ、フォーブルサントノーレにブティックをオープン。
  1989年、デザイナー生活35周年を記念し、東京で衣裳展「森英恵展」を開催。
  1990年、パリとモナコで「森英恵展」を開催。
  1992年、スペイン・バルセロナオリンピック日本選手団の公式ユニホームをデザイン。同年、パリ、アルマ広場にオートクチュールメゾンを移転。
  1994年、リレハンメル冬季オリンピック日本選手団の公式ユニホームをデザイン。
  1995年、フランス、Cosmetique et Parfum Internationalよりハナヱ・モリ・フレグランスを発売。
  1999-2000 A/W より、プレタポルテに新スタッフを投入。森英恵を補佐してクリエイティヴ・ディレクターに義娘の森パメラが就任。森パメラは1957年、アメリカのカリフォルニア州に生まれる。モデルとして来日し、森英恵の長男であり、当時のハナエ・モリ社社長である森顯と結婚。以来、日本に在住。5児の母。娘の中では森泉や森星らが有名。森パメラはハナエ・モリで7年間、カシミアをはじめスポーツラインのデザインを担当した。他方、オートクチュールは依然として森英恵がデザイナーを務めた。
  2000年、水戸芸術館で衣裳展「森英恵展 東と西の出会い」を開催。
  2002年3月、「ハナエモリ」ブランドを「株式会社ハナエモリ・アソシエイツ」に移管し、継続運営。
  2002年から2003年まで、エチェ・エゲ(Ece EGE)がハナエ・モリのライセンス事業のアーティスティック・ディレクターに就任。
  2004年7月のショーを最後に、オートクチュールビジネスから撤退。
  2006年、東京とパリで衣裳展「森英恵 手で創る」を開催。
  2007年、島根で衣裳展「森英恵 手で創る」を開催。
  2009年、東京と水戸で「手で創る 森英恵と若いアーティストたち」を開催。
  2010年、森パメラがハナエモリのクリエイティヴ・アドバイザーに就任。
  2010年6月より、フランスのウエディングドレスメーカーであるシンベリン(CYMBELINE)とライセンス契約を締結し、ウエディングドレスの展開をスタート。
  2012年、東武百貨店 池袋店 美術画廊で「手で創る 森英恵オートクチュールの世界」展を開催。同年、フランス・リモージュのHAVILANDで陶磁器のデザインを開始。
  2015 S/S より、新ラインである「ニュー・ハナエモリ・スタイル」をスタート。「ブランドの基本概念である、「品・華・凛」を今の時代に繋ぐ、New HANAE MORI Style。ブランドのベースにある永遠のテーマ『エレガンス』を基本に、新しい息吹を加えたハナエモリ・スタイルを素材、シルエット、ディテール、グラフィックで表現。ブランドアイデンティティーである、「蝶」をアイコンに用いながら、あらゆるシーンで活躍する女性にフォーカスした新しいワードローブ。コアターゲットは、今を生きるチャーミングで自立した女性。ビジネスシーンからパーソナルシーンまで、アクティブな日々を過ごしながらも、いつの時も女性本来のエレガントさを忘れない。 個性的でありながら、人との調和も忘れない、バランス感覚のすぐれたエージレスな女性がターゲット」。エイジレスな女性に向けたウェアと小物を展開。デザイナーに天津優(Yu AMATSU)を起用。コレクション画像「HANAE MORI designed by Yu Amatsu 2015 S/S」。
  2015年秋より、ニュー・ハナエモリ・スタイルが「ハナエモリ マニュスクリ(Hanae Mori manuscrit)」として本格始動。2015年9月12日には、東京・表参道のアップル ストア 表参道で、Digital fashion ltd.と共同開発したオリジナルのiPad・iPhone版デジタルクチュール アプリケーションである「DIGITAL & COUTURE | HANAE MORI X DIGITAL FASHION LTD.」を発表。アプリケーションでセミオーダーシステムを実現。2015年9月16日から9月22日まで、東京・新宿の伊勢丹新宿店本館4階ザ・ステージ#4にポップアップショップをオープンし、ハナエモリ マニュスクリの先行販売をスタート。

ハナエモリの画像アルバム

HANAE MORI designed by Yu Amatsu 2015 S/S
(c)AFPBB News / JFWO / MBFWT

もっと大きな画像で見る

ハナエモリの公式サイト

・HANAE MORI
 http://www.hanae-mori.com/
・Hanae Mori manuscrit
 http://hanaemori-manuscrit.com/

ハナエモリの公式ブログ

ハナエモリの公式SNS

SNS Script Error: code 0101