クリスチャンディオール(Christian Dior)

クリスチャンディオールのブランド情報

  1946年に創立したフランスのファッションブランド。
  創立者はクリスチャン・ディオール(Christian DIOR)。クリスチャン・ディオールは1905年1月21日、フランスのノルマンディ地方グランビルに生まれる。父親は化学肥料工場の経営者。パリに移住し、政治学院シアンスポを卒業。1929年、アンティークのディーラーであった友人と共にギャラリーを始める。1930年、父親の会社の倒産、母親の死、ギャラリーの共同経営者の倒産等、不幸が相次ぐ。1938年、ロベール・ピゲのメゾンに入る。その後、第二次世界大戦で徴兵される。1941年、パリに戻り、リュシアン・ルロンのメゾンで働く。同僚にはピエール・バルマン(Pierre BALMAIN)もいた。
  1946年、クチュールハウスのガストンのオーナーであり、コットン王と呼ばれたマルセル・ブサックがディオールの才能に目を止め、マルセル・ブサックの援助で独立。パリのモンテーニュ通り28番地に店を持つ。マダム・レイモンドやディレクターのマダム・マルグリット、帽子デザイナーのミッツァ・ブリカール等を含めた60名のスタッフでの運営をスタート。
  1947年2月12日、ペチコートで膨らませた曲線を強調した、ゆったりしたなだらかな肩にコルセットにより細く絞ったウエスト、布地をたっぷり使ったくるぶし丈のロングスカートといった、優美なスタイルの「花冠ライン(Ligne Corolle)」を発表。そのシルエットの美しさに驚いた「ハーパース・バザー(HARPER'S BAZAAR)」の編集長カーメル・スノウが「これはまさにニュー・ルックね」と言ったことから、「ニュー・ルック」と呼ばれ、世界のモード界に旋風を巻き起こした。当時のヴォーグ(VOGUE)は「新鮮で権威あるスタイル」と絶賛した。
  その後、隣接するモンテーニュ通り30番地にブティックを拡大。
  1948年、「ジグザグ・ライン」を発表。
  1950年、「パーティカル・ライン」を発表。
  1951年、「オーバル・ライン」を発表。
  1952年、「シニュアス・ライン」を発表。
  1953年、「チューリップ・ライン」を発表。
  1954年、「Hライン」を発表。
  1955年、「Aライン」を発表。
  1956年、「アロー・ライン」を発表。
  1956年、ゴールドファイル(GOLD PFEIL)製のバッグを発表。
  1957年10月24日、イタリアの湯治場モンテカティーニにて、クリスチャン・ディオールは心臓麻痺で52歳の若さで急逝。1957 S/S コレクションが最後の仕事となった。彼は次々と新しいスタイルを生み出したことから、「流行の神様」とも呼ばれ、現代にも多大な影響を与え続けている。パリ・オートクチュールの全盛期の先端を担った名デザイナー。半年毎にファッションのトレンドを変えるというシステムも、クリスチャン・ディオールが生み出した。「作品が生まれた理由は特にない」、「ワンシーズン前の作品はアウト・オブ・トレンド」等といった逸話も残した。また、商才もあり、世界の主要都市に支社を設立し、ストッキングやフレグランス、グローブやジュエリーに至るまでライセンス生産・販売を手掛けた。毎コレクションで発表するアイテムの1つに、必ず愛犬「ボビィ」の名を付けて発表していた、という逸話もある。
  1957年11月15日、21歳の若さでイヴ・サンローラン(Yves Saint LAURANT)がチーフ・デザイナーに抜擢。
  1960年代に入り、クリスチャン・ディオールはプレタポルテに力を入れ始める。
  1960年、マルク・ボアン(Marc BOHAN)がチーフ・デザイナーに就任。マルク・ボアンはジャン・パトゥ(JEAN PATOU)の下で働いていたところ、クリスチャン・ディオールに才能を認められ、引き抜かれる。イギリス支社でオートクチュールを担当した後、徴兵されたイヴ・サンローランを引き継ぎ、クリスチャン・ディオールのチーフ・デザイナーに就任。
  1964年、鐘淵紡績株式会社(後のカネボウ株式会社)と日本国内における輸入・販売とライセンス契約を締結。
  1967年、「ベビー・ディオール(baby Dior)」を発表。
  1978年、親会社であるマルセル・ブサック・グループが倒産。その後、アガッシュ・ウィロ・グループの傘下に入る。
  1984年、ベルナール・アルノー(Bernard ARNAULT)がマルセル・ブサック・グループを買収。
  1989年、ジャンフランコ・フェレ(Gianfranco FERRE)がチーフ・デザイナーに就任。クリスチャン・ディオール史上初の外国人チーフ・デザイナーとなる。契約金は200万ドル(約23億円)。就任後の 1989-1990 A/W オートクチュール・コレクションは、クリスチャン・ディオール史上のベストコレクションの1つともいわれた。
  1996年、ジャンフランコ・フェレがクリエイティヴ・ディレクターを辞任し、ジャン・ポール・ゴルチエ(Jean-Paul GAULTIER)ヴィヴィアン・ウエストウッド(Vivienne Westwood)ジョン・ロシャ(John ROCHA)らが後任候補として噂になった中、クリスチャン・ディオール創立50周年より、ジョン・ガリアーノ(John GALLIANO)がアーティスティック・ディレクターに就任。
  1997年、鐘紡株式会社(後のカネボウ株式会社)との日本国内における婦人服の輸入・販売とライセンス契約を解消。
  2003年12月7日、東京・表参道にクリスチャン・ディオール表参道店をオープン。地上4階から地下1階まで、レディースウェアやメンズウェアである「ディオール・オム(Dior HOMME)」、バッグ等の小物やシューズ、ファインジュエリー等を扱っている。また、ディオールでは世界最大となる化粧品売り場があり、初めての試みとなるエステやネイルカラーのコーナーも設けられている。尚、屋上にはクリスチャン・ディオールのラッキーモチーフである星が飾られている。
  2004年10月、東京・銀座のクリスチャン・ディオール銀座店を移転オープン。
  2006年、初のメンズ・スキンケアラインである「ディオール・オム ダーモ・システム」を発表。
  2007年3月、ディオール・オムのクリエイティヴ・ディレクターにクリス・ヴァン・アッシュ(Kris Van ASSCHE)が就任。
  2009年、ディオール・オムの新作ダッフルバッグである「DH1」を発表。直線を基調としたスクエアなシルエットが特徴。
  2011年3月1日、ジョン・ガリアーノがアーティスティック・ディレクターを解任される。パリのユダヤ人街マレ地区のカフェで酒に酔って人種差別的な暴言を吐いて、「反ユダヤ的、人種差別的な侮辱罪」等の被疑事実で警察の取り調べを受けたことが原因。
  2011年11月、アンセルム・ライルとコラボレートしたアイテムを発表。
  2012年4月、ラフ・シモンズ(Raf SIMONS)がアーティスティック・ディレクターに就任。オートクチュール、レディースプレタポルテ、アクセサリーを指揮し、2012年7月のパリ オートクチュール・コレクションが初の発表となる。
  2014年6月25日、スパンコールの手刺繍をあしらったスニーカーである「ディオール・フュージョン・スニーカー」を数量限定で発売。
  2014年10月29日、東京・表参道の路面店をリニューアルオープン。
  2014年秋、パルファン・クリスチャン・ディオール・ジャポン株式会社がディオール公式オンラインブティックをオープン。ディオールの公式オンラインブティックはフランス、アメリカに続き世界で3番目、アジアでは初となる。プレスリリース「ブティックでのラグジュアリーなサービスを24時間PCやスマートフォンで。ディオール 公式オンラインブティック オープン 限定商品や限定特典も」。
  2014年12月、東京・両国国技館でコレクション「エスプリ・ディオール東京2015」を発表。
  2015年6月16日、東京・六本木の国立新美術館でショーを発表。2015-2016 A/W パリ コレクションで発表したものを披露。
  2015年10月22日、ラフ・シモンズのアーティスティック・ディレクター退任を発表。ラフ・シモンズの個人的理由から。
  2017 S/S より、マリア・グラツィア・キウリ(Maria Grazia CHIURI)がアーティスティック・ディレクターを務める。
  マリア・グラツィア・キウリは 2008-2009 A/W から2016年7月7日まで、ヴァレンティノ(VALENTINO)のクリエイティヴ・ディレクターを務めた。
  現在、クリスチャン・ディオール・クチュールはLVMH モエヘネシー・ルイヴィトングループ(LVMH Moët Hennessy Louis Vuitton S.A.)の約50%の株式と議決権を有するクリスチャン・ディオールSAに属する。

クリスチャンディオールの公式サイト

・DIOR
 http://www.dior.com/
・Christian Dior - YouTube
 http://www.youtube.com/user/dior

クリスチャンディオールの公式SNS

Dior Holidays made of stars (2016/11/30 18:00:13) [tumblr]
Dior Holidays made of stars (2016/11/29 18:00:37) [tumblr]
Dior Holidays made of stars (2016/11/27 18:00:27) [tumblr]
Dior Holidays made of stars (2016/11/26 18:00:14) [tumblr]
Dior Holidays made of stars (2016/11/24 18:00:30) [tumblr]

ディオールの取扱サイト

クリスチャンディオールの商品を検索

・クリスチャンディオールの商品を見る・探す ここをクリック
・クリスチャンディオールの商品をYahoo!ショッピングで探す ここをクリック
・クリスチャンディオールの商品をAmazonで見る・探す ここをクリック

ディオールの店舗

クリスチャン・ディオール表参道店
東京都渋谷区神宮前5-9-11 ディオール表参道
03-5464-6260
11:00-20:00
クリスチャン・ディオール銀座店
東京都中央区銀座5-6-1 銀座5丁目中央ビル
03-5537-8333

ディオールの通販一括検索結果

クリスチャンディオールへのクチコミ・評判

クリスチャンディオールに関するクチコミ情報や質問等を投稿してください。 (最新10件より前はクチコミリストに表示)
ジョン・ガリは、確かにファッションセンスあったと思うけど、欧州のユダヤ人地区でOOラーのことを口走るなんて非常識もいいとこ。ナンセンスオトコ、いずれにしても最悪!もっと、常識勉強してこい! [返信]
クリスチャンディオールはどうでも良い
2011.03.03(thu) 00:58:31
5年〜くらい前は大好きブランドで(女の子ペコちゃんみたいなTやロゴTなんかHOTなころ)結構買い物していましたが、急にここ3年〜4年くらいクラシカルで地味〜な雰囲気になってしまいブティックものぞかなくなりました。今年の春夏コレクションはとっても可愛いけどもう戻れなくなってしまった。ガリアーノ最初はすっごく話題性のあるものいっぱい出してて好きだったのに。急になんであ〜なっちゃったのかしらん!! [返信]
とあるディオール好き
2011.04.19(tue) 23:25:05
銀座の和光並木館が閉店して、
diorが建ちましたね?

すでに銀座にdiorが、コスメ店舗も合わせると5店舗以上‥。
さすがにここまで店舗が多くなると
イメージが安っぽくなる‥。 [返信]
とあるクリスチャンディオール好き
2011.12.04(sun) 20:54:50
クリスチャンディオールの寝具は、何処で購入できるのでしょうか? [返信]
とあるクリスチャンディオール好き
2012.01.08(sun) 12:05:09
文化服装学園でムッシュー自身のブラックドレスを拝見しました。シンプルなのに、立体的で、美しかった。日本向けに、また、ミス・ディオールとか欲しいです。 [返信]
とあるクリスチャンディオール好き
2012.01.22(sun) 20:01:09
かっこよくて好き
[返信]
げる
2012.03.02(fri) 11:35:11
3月2日パリロダン美術館で行われた秋冬コレクションに行ってきました。よかったです。お客様で来ていた、ナタリア綺麗でした。 [返信]
とあるクリスチャンディオール好き
2012.03.11(sun) 18:03:26
銀座店どうでしたか?
行かれた方いらっしゃいますか? [返信]
とあるクリスチャンディオール好き
2012.04.21(sat) 01:55:01
昔のディオールのシャツはとてもきれいだと感じました。今のディオールにはない控えめな美しさがあります。USEDであっても求める価値はあると個人的にはおもいます。 [返信]
GG
2012.07.26(thu) 10:27:43
ラフシモンズのディオール最高です! これからディオール道を歩もう。 [返信]
とあるクリスチャンディオール好き
2012.11.29(thu) 16:26:05
デザイナーがラフシモンズに変わってから、
売上げが前年比で24%上昇したみたい。

個人的にデザイン性はガリアーノの方が高いと思うけど、
時代的にミニマルで質素なデザインの方が好まれるんでしょうね…。

しかしガリアーノの事件と、このいかにも計算された流れは
ディオールの陰謀なのか、真相は未だ謎のままです。
[返信]
とあるクリスチャンディオール好き
2013.03.07(thu) 12:11:36
クチコミフォーム
おなまえ
クチコミ(URLは「http:」や「https:」等を省略し「//www.〜」等と記述)
伊勢丹オンラインストア

世界のブランド情報 | コレクション情報 | プレスリリース集 | 画像ギャラリー | インタビュー記事 | ブランド投票 | 複数通販一括検索

ファショコン通信 公式Facebookページ ファショコン通信 公式Twitter ファショコン通信 公式Google+ページ
Copyright © 1999-2016 fashocon' tsushin All Rights Reserved.