ファショコン通信

ファショコン通信はブランドやデザイナーの観点からファッションとモードを分析するファッション情報サイトです

VOUS ETES 2008 S/S 展示会レポート


日時: 10月23日(火)~ 10月26日(金)
会場: 株式会社ヴゼット
今季のヴゼットのテーマは「Sunny Day」。今回は、全体の構成として明るく日常的な、夜ではなく昼のイメージを意識したアイテムを揃えたのだそうだ。その結果、鮮やかな柄のプリントが施されたアイテムや、アクティブに用いることの出来るフード付きのトップス等、従来のヴゼットにはあまり見られなかった、より変化に富んだ明るい感覚のアイテムが多く見られた印象であった。
例えば、下写真左のリントン社製のウール44%・アクリル30%・ポリエステル15%・キュプラ9%・ナイロン2%のシルバーのツイードを用いたジャケットは、透明に輝くスパンコール使いもさることながら、襟刳りから裾にかけて、及び両袖口部分とポケットのフラップ部分が無地の三重生地となっているディテールが、変化と動きをもたらしている。これにより、一見カッチリとしたアイテムがデイリーユースの可能なアイテムへとイメージを変えられているのがユニークな発想であると感じた。
下写真中央のコットン99%・ポリエステル1%の生成りの刺繍入りのロングブラウスは、胸部分の大きな 2つのボタンと、前身頃と両袖口部分及びセーラーカラー部分のピンタックがアクセントとなっており、エレガントな生地を用いつつキュートで明るいイメージのアイテムに仕上がっている。同素材を用いたワンピース(画像をみる)もピンタック使いが面白いと感じた。
下写真右のコットン100%のアースカラーの刺繍入りのノースリーブワンピースは、アースカラーの土っぽいイメージと、エレガント過ぎないドレスダウン加減がデイリーユースに適したアイテムとなっており、胸部分のリボン使いとややボックスのシルエットも相俟って、エスニックで新しい印象のアイテムとなっていた。
以上のように、今回はいつにも増して明るく開放感のあるイメージのアイテムが多く登場しており、ヴゼットの新たな一面を垣間見ることができて、新鮮な雰囲気を味わえた展示会であった。













※画像をクリックすると拡大します