オンワード・クローゼット

イッセイミヤケ(ISSEY MIYAKE)

イッセイミヤケのブランド情報

  1970年に創立した日本のファッションブランド。
  創立者は三宅一生(Issey MIYAKE)。三宅一生は1938年、広島県に生まれる。多摩美術大学を卒業後、渡仏。ギ・ラロッシュ(Guy Laroche)ジバンシー(GIVENCHY)のメゾンに入る。
  1969年、ニューヨークへ渡り、1970年に「三宅デザイン事務所(MDS)」を設立。
  1971年、「イッセイミヤケ(ISSEY MIYAKE)」としてニューヨーク コレクションを発表。
  1973年、パリに戻り、プレタポルテ・コレクションを発表。日本の和服に代表される「一枚の布から(A Piece of Cloth)」という発想による、衣服と身体の関係に迫る表現手法は、「動くオブジェ」とも呼ばれ、国際的な評価を得る。
  1984年、第2回毎日ファッション大賞を受賞。
  1988年、「プリーツ・プリーズ(PLEATS PLEASE)」と銘打ってプリーツのラインを発表。
  1989年、第7回毎日ファッション大賞を受賞。
  1998年、フランス・リヨン大学名誉博士号を受賞。
  2000 S/S より、イッセイミヤケのチーフデザイナーを滝沢直己(Naoki TAKIZAWA)が務める。
  2000年、「ハート(Haat)」をスタート。トータルディレクターは皆川魔鬼子(Makiko MINAGAWA)。
  2000年、三宅一生が日本芸術大賞、ジョージ・ジェンセン(GEORG JENSEN)賞、第18回毎日ファッション大賞・ミレニアム記念賞を受賞。
  2001 S/S より、全方向伸縮のストレッチプリーツが特徴のTシャツのラインである「ミー(me)」を発表。
  2007-2008 A/W より、イッセイミヤケのクリエイティヴ・ディレクターを藤原大(Dai FUJIWARA)が務める。
  2008 S/S には、ダイソン(DYSON)とコラボレートしたアイテムを発表。
  2008 S/S より、「ミー」を「ミー(me ISSEY MIYAKE)」に名称変更。
  2010年、雑貨ブランドである「バオ・バオ・イッセイミヤケ」をスタート。
  2010年8月、タイペイ・イン・スタイルに参加。
  2010年9月、新ブランドである「132 5.イッセイミヤケ」をスタート。
  2012 S/S より、宮前義之がイッセイミヤケのクリエイティヴ・ディレクターを務める。
  宮前義之は1976年、東京都に生まれる。文化服装学院アパレルデザイン科を卒業。2001年、三宅デザイン事務所に入社し、A-POCプロジェクトに参加。2006年より、レディースのデザインスタッフとしてコレクション制作に関わる。2014年、第32回毎日ファッション大賞を受賞。
  2012年4月24日、イギリス・ロンドンの博物館であるデザインミュージアムより、「132 5.イッセイミヤケ」に対し、第5回デザイン・オブ・ザ・イヤー2012のファッション部門の最優秀デザインが授与される。
  2012 S/S より、香水の新ラインである「ロードゥ・イッセイ・プールオム・スポーツ」を発表。
  2012年9月より、新作フレグランスである「プリーツプリーズ」を発表。オレリアン・ギシャールが調香。日本では2013年より展開。
  2012年10月、プリーツプリーズの歴史を記載する初の書籍である「PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE」(Taschen)を出版。
  2013年6月より、「陰翳IN-EIイッセイミヤケ」の国内展開をスタート。132 5.イッセイミヤケの開発プロジェクトから発展し、三宅デザイン事務所内のデザインチームであるリアリティラボとイタリアのアルテミデ社がコラボレートして製品化した照明器具で、2013年2月にiFプロダクトデザイン賞金賞を受賞したアイテムである。
  2013年3月9日、大阪・南船場にの関西地区初の旗艦店となる「イッセイミヤケ」、「イッセイミヤケ・メン」をオープン。
  2013-2014 A/W には、グラフィック・デザイナーの平林奈緒美とコラボレートし、「バオ・バオ・ハイビズ」を展開。
  2014 S/S より、高橋悠介がイッセイミヤケ・メンのデザイナーに就任。
  高橋悠介は1985年、東京都に生まれる。2010年、文化ファッション大学院大学ファッションデザインコースを修了。三宅一生率いるデザインチームであるリアリティ・ラボに参加。2012年より、イッセイミヤケ・メンのデザインチームに入る。
  2013-2014 A/W より、プリーツ素材を軸にした男性のための新しい日常着のラインである「オム・プリッセ・イッセイミヤケ(HOMME PLISSE ISSEY MIYAKE)」をスタート。
  2013年11月、東京・渋谷の渋谷パルコパート1の1階にオム・プリッセ・イッセイミヤケのショップをオープン。
  2014年9月、新メンズフレグランスである「ニュイ・ドゥ・イッセイ」を発表。「ニュイ」はフランス語で「夜」の意。
  2014年6月12日、N&Rフォールディングス(N&R Foldings)とバイ・バオ・イッセイミヤケがコラボレートし、2Dから3Dへ変化する新作バッグを発表。
  2015年11月12日より、新アイウェアである「イッセイミヤケ・アイズプロジェクト」をスタート。1本の金属を骨となぞらえてイメージしたシリーズとして「ボーンシリーズ」と命名。イッセイミヤケ青山店、イッセイミヤケ丸の内店、阪急メンズ東京、阪急メンズ大阪、松屋銀座店等で展開。
  2016年には、グラフィックデザイナーである田中一光の作品「Nihon Buyo」、「写楽二百年」、「太い記号のバリエーション」の3作品をモチーフにした新シリーズを展開。
  2016年3月25日、三宅一生の 132 5. ISSEY MIYAKE の世界を紹介する書籍である「Creativity is Born - 三宅一生 | 再生・再創造」を出版。
  2016年6月11日、東京・代官山にオム・プリッセ・イッセイミヤケ初の単独路面店となるオム・プリッセ・イッセイミヤケ代官山店をオープン。総売場面積は約95平方メートル。店舗デザインは深澤直人。
  2017 S/S の「132.5 イッセイミヤケ」のテーマは「無造作」。
  イッセイ・ミヤケグループ傘下には「ズッカ(ZUCCa)」、「ツモリチサト(TSUMORI CHISATO)」、「スナオクワハラ(sunaokuwahara)、「ネネット(Ne-net)、「メルシーボークー(mercibeaucoup,)、「ファイナルホーム(FINAL HOME)」、「プランテーション(Plantation)」等がある。

イッセイミヤケの公式サイト

・ISSEY MIYAKE
 http://www.isseymiyake.com/

イッセイミヤケの公式SNS