ファッション用語集

該当データ 42 件
[か行]
cargo pants
【意味】
主としてカーキ系で、両ももの脇にポケット(カーゴ・ポケット)が1つずつ付いている、厚手の綿素材等の丈夫な生地で作られたパンツのこと。「カーゴ」とは「積荷、貨物船」のことで、貨物船の乗員が穿いていたパンツに由来。
[か行]
cocktail dress
【意味】
カクテル・パーティで着用するドレス。アフタヌーンとイブニングの中間に該たる準礼装。
[か行]
cashmere
【意味】
カシミア山羊の毛を紡いで作った繊維。秋から冬にかけて生える産毛の中で、細い柔毛だけが原毛となる。
[か行]
cache-coeur(仏語)
【意味】
「胸を覆う」という意味で、身頃を着物のように打ち合わせて巻きつけたスタイルのこと。ボディコンの流れをくむエレガントなスタイルとして流行した。
[か行]
casual
【意味】
「普段着の、略装の、着て楽な」の意。ちなみに、「カジュアル・ウェア」とは和製英語であり、本来の英語では「スポーツ・ウェア」という。
【対義語】
ドレッシー
フォーマル
[か行]
casual-up
【意味】
カジュアルなイメージにフォーマルなニュアンスを交えて高級感を持たせる着こなしや、カジュアルなアイテムにフォーマルなディテール等を加味したデザインのこと。
【対義語】
ドレスダウン
[か行]
casual dress
【意味】
日常的なドレスの総称。
[か行]
cache-mollet(仏)
【意味】
ふくらはぎが隠れる程度のスカート丈のこと。カッシュは「隠し場」、モレは「ふくらはぎ」の意。
【類似語】
ビロー・ザ・カーフ・レングス
[か行]
cutter
【意味】
裁断(カッティング)を行う者のこと。
[か行]
cutting
【意味】
「裁断」の意。型紙(パターン)に合わせて生地を裁断すること。
[か行]
cut&sewn
【意味】
ニット生地を裁断・縫製する方法、または、この手法による製品のこと。Tシャツやトレーナー等。
【略語】
カット・ソー
[か行]
【意味】
生地を挟まない状態で形成される縫い目のこと。縫製端の仕上げとしても用いられる技法。通称「ヒゲ」。
[か行]
coverall
【意味】
もとは作業着のつなぎ服のこと。その後、カバーオールジャケットとして広く普及。日本では主にジャケット型を指す。
[か行]
cancan dress
【意味】
1890年代、フランス・パリ市内モンマルトルにあるキャバレーであるムーランルージュ(Moulin Rouge)等で流行したダンス「フレンチ・カンカン」のダンサーが着用したドレスのように、袖や裾等にフリルをあしらったドレスの総称。
[か行]
garment
【意味】
衣服の意。
【類似語】
アパレル
クローズ
コスチューム
[か行]
【意味】
主に百貨店等で、店舗外で行う販売活動の意。主として上得意先の個人・企業を訪問し、高額品やギフト品等を販売する手法。
[か行]
gown
【意味】
1.ドレス等の正装。2.ゆったりした長い部屋着。
[か行]
gun patch
【意味】
ハンティングジャケットの片方の肩から胸部に掛けて付けられる、猟銃を構えた時に銃の肩当てが当たる部分を補強するための当て生地。ガンパット。
[か行]
fabric
【意味】
布のこと。織物、ニット、レース、不織布等がある。
[か行]
ready-made
【意味】
別項参照
【対義語】
仕立服
[か行]
camisole dress
【意味】
キャミソールのように肩ひもで吊ったディテールのドレスのこと。
[か行]
kitch(独語)
【意味】
「低俗なもの、俗悪なもの、大衆迎合的なもの」の意。ファッションでは主に「悪趣味なもの、奇異なもの」の意。パンク系や仮装系等。
[か行]
cute
【意味】
「かわいらしい」の意。
[か行]
culotte dress
【意味】
スカートのように見えるが、ハーフパンツ(キュロット)のように裾が二股に分かれたディテールのドレスのこと。
[か行]
de d'or(仏語)
フランス語で「デ・ドール」と呼ばれる賞。パリ・オートクチュール協会に加盟しているデザイナーの中から最もクリエイティヴだった者に毎シーズン贈られる。
[か行]
quality
「質、性能、品質」の意。
[か行]
couturier(仏語)
【意味】
オートクチュールのデザイナー且つ、総責任者。デザインテーマの決定から裁断、縫製まで全てを統括し、企画を製品化する権能と責任を保持。女性は「クチュリエール(couturiere)」。
[か行]
craftsman
【意味】
「職人、名工、芸術家」の意。
[か行]
craftsmanship
【意味】
「職人の技能、腕前、作品」の意。
[か行]
craft
【意味】
「技巧、技術、工芸、手工業」の意。一般に簡単な工具・機器を用いるのみで職人等の手作業によりアイテムを作り出す特殊技術・デザイン及びその作品を指す。
【用例】
クラフト・シャツ
クラフト・ニット
[か行]
createur(仏語)
【意味】
「創造者、創作者」。フランスでは既製服デザイナーを「スティリスト」と呼ぶが、1960年代以来勢力をつけたスティリストのうちで特に独創的な者をいう。
【類似語】
クリエーター(creator)
[か行]
glamorous
【意味】
「魅惑的な、華やかな」の意。性的魅力の他に、洗練されたニュアンスも含まれることが多い。
【類似語】
セクシー
[か行]
cage dress
【意味】
籠(cage)のようなディテールのドレスのこと。
[か行]
chemical wash
【意味】
製品洗いの方法のひとつ。新品のジーンズを着古した感じにするため、漂白剤と石状のプラスティックを入れた洗濯機で洗い、色を落とすこと。
[か行]
game pocket
【意味】
ハンティングジャケットに見られる、狩猟で仕留めた獲物(= game)を収納しておくための大容量のポケット。主に背面内側に設けられる。
【類似語】
ポーチャーズポケット(poacher's pocket)
[か行]
guest dresses
【意味】
結婚式等のパーティーに招待されたゲストが着用するドレスの総称。
【類似語】
ウェディング・ゲストドレス(wedding guest dresses)
[か行]
coat dress
【意味】
コートのようなシルエットのドレスのこと。
[か行]
cocoon
【意味】
「繭」の意。身体全体を繭のように丸く包むシルエットのこと。
【用例】
コクーン・シルエット
【類似語】
カクーン・シルエット
エッグ・シェイプ・シルエット
オーバル・ライン
[か行]
corset dress
【意味】
コルセットのようなディテールのドレスのこと。
[か行]
collection
【意味】
別項参照
[か行]
concave shoulder
【意味】
スーツ等のジャケットのショルダーラインが襟から肩にかけて湾曲し、袖山が盛り上がったもの。
[か行]
combinaison(仏語)
【意味】
袖がついたトップとパンツスタイルのボトムがひと続きになっているもの。「つなぎ」ともいう。
【類義語】
コンビネーション(combination)

用語検索

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行 and or

五十音検索
















































世界のブランド情報 | 最新ファッションニュース | コレクション情報 | 画像ギャラリー | インタビュー記事 | ブランドランキング | 複数通販一括検索

ファショコン通信 公式Facebookページ ファショコン通信 公式Twitter ファショコン通信 公式Google+ページ
Copyright © 1999-2018 fashocon' tsushin All Rights Reserved.
Webサービス by Yahoo! JAPAN 楽天ウェブサービスセンター