mintdesigns 2006 S/S

経緯

  2005年10月31日、東京・明治神宮外苑にて、ミントデザインズ(mintdesigns)の 2006 S/S ショーが催された。このショーは、東京コレクション(日本ファッションウィーク)期間中に行われたものである。
  今回は、日本ファッションウィークと銘打って、東京コレクションが新しくなる記念すべきシーズンであり、ミントデザインズは、そのシーズンの開幕を飾るブランドとして、ショーを行った。
  筆者は以前よりミントデザインズの竹山氏と面識があり、過去のショーにもお呼びいただいていたので、今回も、その縁を頼りに招待状を送付していただいた。そして、今回はショーを観た後にレポート記事も作成したいと考えていたので、プレスの北田氏にお願いして、記事作成を許可していただいた。
  会場は聖徳記念絵画館前の大型特設テント「TOKIWA」であり、10:00 からの開催が予定されていた。開演 40分前に会場に着くと、入口付近で温かいコーヒーが用意していあったので、身体を暖めるために少しだけ飲みつつ、開場まで待つことにした。
  開演時間に近付いてくると、一般来場者用の入口の前には長蛇の列が出来上がってくる。開場と同時に、日本ファッションウィークの開幕だ。
  会場内に入ると、来訪者が着席する向かいの席には、専門学校生達がミントデザインズの白地の Tシャツにジーンズ姿で整然と着席しているのに驚いた。また、中央最前列には、東京ファッションデザイナー協議会(CFD)議長の岡田茂樹氏が着席されており、こけら落としであるだけあって、期待の高さが伺えた。結局、予定より30分ほど遅れてのショー開始となったが、パリコレクションで当たり前のように予定が押すのを既に経験していたので、それほど時間は気にならなかった。

ショーの様子

アイテムの様子
  今回のショーのテーマは、「3D Lace Project」。色々なシーンの狭間で垣間見る、表舞台からは隠れた現実的な側面。演出された世界と、その裏にあるリアリティのある表情の二面性。作り込まれた古典的な要素と、リラックスした現代的な要素。ミントデザインズなりの古典への取り組みのひとつ、なのだそうだ。
  「白鳥の湖」の調べに乗せてショーが開始すると、まず、出演モデル全員が列を成して、白いカットソーやタンクトップに今回の協賛のリーバイス社の「Levi's 501」を穿き、それぞれがこれから着る衣装をバッグ状にして肩に掛けつつ登場。そして、全員がバックステージに戻り終わった後、モデルが 1人1人、バッグ状にしていた衣装を着用して登場してきたのであった。
  ちなみに、帽子のように見えるヘアスタイルは、モデルの自毛をスタイリングしたもので、頭に巻いているのは男の子や女の子を象った 3Dレースである。
(アイテムの様子は右の写真の通り。画像をクリックすると拡大写真を表示します。)
アイテムの様子
  筆者はショーに訪れた後に展示会にも訪れさせていただいたのだが、その際に印象に残ったのが、左写真にある、片方の肩から 3Dレースで片裾を吊り上げられるようになっている、コットン100%のサスペンダードスカートである。展示会では、タイトな白いタンクトップと合わせてトルソーに着せられており、スカートの裾のドレープ感が実にエレガントで、一見するとドレスかと見紛うほど美しかった。
  尚、ショーでは、肩部分を前に掛けたり後ろに回したりできるようになっている、シルク10%レーヨン90%のベージュのスウェットパーカを合わせており、個別のアイテムとしては上品な雰囲気を備えつつ、全体としてカジュアルなスタイリングとなっている。
(アイテムの様子は左の写真の通り。画像をクリックすると拡大写真を表示します。)
アイテムの様子
  また、他に個人的に気になったアイテムは、右写真にある、腹部をリボンで留められるようになっており、それにより美しいドレープが生まれるようになっている、モダール100%のブラックのフレアードオーバーオールである。パンツ状になっているボトム部分は、左右に広げるとさながら孔雀の様にすら見えるほど、ドレープの利いた生地をふんだんに用いており、ワンピースのようにも見えるフェミニンなシルエットとなっている。
  最近では、様々なブランドが使用するので比較的よく見かけるようになった、モダールという生地の持つ適度なドレープ感とブラックに染色された生地の光沢が美しく、且つ、ソフトな肌触りがとても心地良い、上質なアイテムである。
  髪から垂らされたネイビーのレースとの相性もとても良い。
(アイテムの様子は右の写真の通り。画像をクリックすると拡大写真を表示します。)

総括

ショーの様子
  他にも、脇の部分がジッパーで留められるようになっており、且つ、そのジッパーを前に持ってきて留められる、切りっ放しの前身頃が前に垂れる仕様のコットン50%・ラミー50%のベージュのジャケット(画像をみる)や、背中部分に丸い穴を開け、縁部分を手繰り寄せて留めてある、明暗のくっきりした幾何学的なプリントが施されたコットン100%のローリングドレス(画像をみる)、男の子と女の子を象ったホワイトやイエローのレースを惜しげもなく用いたスタイリング(画像をみる)等、適度に遊びの入ったミントデザインズらしいオリジナルなアイテムが豊富に登場。
  日本ファッションウィークの開幕を飾るに相応しいショーであったと感じた。
  また、筆者は以前のシーズン同様、今回も展示会に訪れさせていただいたのだが、その際に、個人的に気に入ったのが、ミントデザインズが今回用いた全15色のカラーサンプルをプリントした Tシャツである。ショーでは登場しなかったのであるが、一色一色を逐一プリントするので手間が掛かるため、他の Tシャツと比べてやや高額なようだ。個人的に筆者も購入したかったのであるが、残念ながらサイズが合うものが無く、泣く泣く諦めることになってしまった。
  ともあれ、可愛らしい男の子や女の子のレースをあしらった、何通りにも着られるユニークなパターンのアイテムをお探しの方には、2006 S/S のミントデザインズをお薦めします。
(ショーの様子は右の写真の通り。画像をクリックすると拡大写真を表示します。)
FOREVER 21 Japan

世界のブランド情報 | コレクション情報 | プレスリリース集 | 画像ギャラリー | インタビュー記事 | ブランド投票 | 複数通販一括検索

ファショコン通信 公式Facebookページ ファショコン通信 公式Twitter ファショコン通信 公式Google+ページ
Copyright © 1999-2016 fashocon' tsushin All Rights Reserved.