エコール・ドゥ・ラ・シャンブル・サンディカル・ドゥ・ラ・クチュール・パリジェンヌ

ファッション業界での意味

  エコール・ドゥ・ラ・シャンブル・サンディカル・ドゥ・ラ・クチュール・パリジェンヌ(Ecole de la Chambre Syndicale de la Couture Parisienne)。1927年、フランスのオートクチュール使用者団体(通称「サンディカ」により、スティリズム(デザイン)とモデリズム(パターン)の高等教育機関として創立。通称「ECSCP」、「サンディカ」、「(オート)クチュール校」、「(オート)クチュール組合学校」等と称される。
  2010年10月、フランス・パリ1区のサン・ロック通りから2区のレオミュール通りに校舎を移転し、カリキュラムを刷新。教育課程を1年延長して4年制に変更。

主なECSCP出身デザイナー

公式サイト

・ECSCPホームページ
 http://www.modeaparis.com/vf/ecoles/

サイト内検索

主なコンテンツ

FOREVER 21 Japan

世界のブランド情報 | コレクション情報 | プレスリリース集 | 画像ギャラリー | インタビュー記事 | ブランド投票 | 複数通販一括検索

ファショコン通信 公式Facebookページ ファショコン通信 公式Twitter ファショコン通信 公式Google+ページ
Copyright © 1999-2016 fashocon' tsushin All Rights Reserved.